スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島ソロやってみた

一日一回は美味しいダンジョンに行きたい・・・
できればクエ品チケを使えるところで!

ってことで島ソロに挑戦してみました(・∀・)
もちろん巡回するのが目的なので、

・バフポ使用なし(エスケも不可)
・竹の子使用なし

この2点は絶対です。
少しでも出費は減らさないとね!
はたしてオイラのポンコツ装備でどこまでいけるのか・・・
そもそも1ボスを越せるのか?w

予備知識はほとんどなし!
1.2ボスは半分まで削ってそこからフルブーストってことだけは知っている(`・ω・´)
つまりぶっつけ本番ですね(^ω^ )


◆1回目

1ボスを半分まで削ってマテのみ熊猫血パニ!
・・・バッチリ回復されてやり直し(´∀`;)

今度はマテオラで無事通過、2ボスも良い感じにクリが出て1発通過できました。
あとは順当に3.4ボスを倒して残り時間10分。

なんだ結構いけるじゃん!

と思ったのが甘かった・・・


◆2回目

1ボスは難なく倒して、迎えた2ボス。
マテしてから気がついたこと。

パニのCTきるの忘れた(^ω^ )

一瞬で全快されてやり直し。


SPを2本ためなおして再挑戦!

今度はクリの出が異様に悪い・・・
パニもかけてるのに5割くらいしか青字が出ないってどういうこと(´・ω・`)
当然、全快されて糸冬了。


SP2本ためて再々挑戦!

今度は普通に倒せた(・∀・)
クリの出はそこそこだったけどギリギリいけたのかなーって感じ。
期待値通りのクリが出れば確実に倒せるっぽいですねー

実はこの間、ギリギリ半分削るのに失敗して2回も全快されてますw

2ボスに時間かけすぎて、4ボス倒したときには1分しか余ってなかったのは内緒(´・ω:;.:...


◆3回目

さすがにもう慣れてきた!

1ボスはサックリ倒して問題の2ボス。
白ボードを青ボードに変更、別垢倉庫まで埋め尽くす大量のイベントバフポ(攻撃+10のやつ)使用で少しでも火力を底上げしておきます。
仮に一日2回島ソロ行っても1年はもつだろうバフポなので遠慮なく使いました(・∀・)

ってかクリの出が問題だからバフポ意味ねーって思ってしまった。
運ゲー、ダメぜったい。
クリリン3個から2個にして、率上限一杯まで上げたほうがいいだろうか?
今度ためしてみよう(・∀・)

さすがに3.4ボスは苦戦するはずもなく残り時間はこんな感じ。

島ソロ4ボス後

5ボスってこの段階でどのくらい余裕あればいけるもんなんですかね?

ライオットとアークシールダで1本として、5ボスが2本?
バフポ使わないと2本じゃきついんだろうなー
下手すりゃ竹の子も使わないときついかもわからんね!
有名ブロガーの人たちが化物だってことだけは良くわかった!

そのうち暇なときにでも挑戦しよう(`・ω・´)
ちなみに3回とも4ボス後にログアウトしとります。



量産型装備WRでもここまでいけたので皆様もお試しあれ!!
ちなみにまともなドロは・・・12箱あけて白1くらいでしたorz
スポンサーサイト

7月28日22時戦結果

国家戦争っぽくなってまいりました!
この刻一刻と情勢が変わっていく様子こそ、22時戦にふさわしい・・・

負けちゃったけど熱い戦いだった(`・ω・´)
その経過は以下。

7月28日22時戦スコア

7月28日22時戦MAP(修正)

ペナ-5% 45人規模戦 プロキ敗北
防衛PTメンバーは WR×2 WIZ×2 FB の計5名でした。


◆初動

そろそろ開幕PH部隊が来るような予感がしたので偵察と警戒を促しつつC直。
案の定、カペの1~2PTがSラインに現れたとの報告が・・・
そしてCにもカペ主力と思しき集団、その数20以上。
10人程度しかいなかったプロキC直部隊は壊滅し、初動Cはカペが制圧することとなりました。

その間、プロキ本隊は中拠点占領へ。
あとこれは予想だけど・・・OF攻勢にかなりの数が行ってたんじゃないかと。

ちなみに開幕PH強襲部隊はAFまでまわってこれを占領したようです。
初動C制圧をしたカペ部隊の半数が拠点内部に残って安定化を図っていたのが厄介でした。

なにはともあれ初動スコアは互角、拠点占有状況はカペ大幅有利で試合開始!


◆中盤

今回の主戦場はC-OFライン。
Cの奪還および安定化が困難だったため、防衛PTはAF防衛につきます。
対してカペはN1に復活を建設。
AFに対して定期的に2PTほどの強襲を行いプロキを苦しめます。

人の移動状況を見るに、プロキ主戦力の大半がOF方面に流れていたようですね。
一時S6復活まで建設されていましたが、案の定守れずに折られてしまっていました・・・

そんな中、とりあえずAF復活の建設に成功。
カペが必死で折りに来るのでこちらも必死で守ります。
このあたりはまだ報告Lチャも多く、まだ守り易かったかな?

OFとCの所持国家がコロコロ変わっててハラハラさせられる中盤戦でした。
途中PHの復活とワープが折られたのがすさまじく痛かった・・・


◆終盤

一時は全拠点の大半を占領する瞬間もあったものの、その状態ですらスコアは互角。
一刻も早くCの安定化を図るために防衛拠点をAF→Cとしたかったんですが・・・
カペの復活破壊部隊がひっきりなしにAFを強襲するので離れられない・・・
AFから離れられないからOF方面の状況も上手くつかめない・・・

そうこうする内に残り時間はどんどん減っていきCもすぐに陥落。
Cなしでの中拠点維持は非常に難しいというセオリーどおり、次々に中拠点が落とされて行きます。

それでもまだ勝ちの目はあったのですが、ここで今回最大の転換点が。
プロキの状況報告系統が一時的に混乱・麻痺していたタイミングでAF復活が襲撃を受けます。
しかも援軍要請まで出すのが遅れたorz
これによりAF復活が破壊。
プロキは前線戦力の供給力を完全に失うことに。

結果としてOFはもちろん維持できず、C方面への戦力も集中できずに戦線が膠着。
残り10分もない状況では致命打となり、試合は負けとなりました。




◆総括とか

初動が互角だったのになぜこんなに辛い展開だったのか。
スコアを参考に紐解いてみましょう。

大きな開きがあるのがFT破壊スコア。
次いで無視できない被害があるのがガデ破壊スコア。
ガデ破壊スコアに関しては、暴発召還や認識の不足も考えられるのでここはあえて言及しません。
すぐに何とかなるものでもないし。


問題はFT破壊スコア。
計7本って・・・PH内が折られすぎたのか・・・
OF方面に主戦力を配置するメリットはPH防衛の容易さのはずなのに何故折られるんだろう(´・ω・`)
まあAF維持しながらCに圧力かけて、OFも狙うってのが無茶な気もしないでもない。

何が辛いって、OFに大戦力割かれるとAFが最重要拠点になってしまうのが困る。
OFに本隊が居る状態だとAFへの援軍派遣は時間がかかるし、もし万が一AFが落ちたら一気にOF前線がSまで下がる危険がある。
FTの折られすぎで固定スコアに開きが出来ていた以上、OFを完全放棄してでもC維持に移行して欲しかった(´・ω・`)
全員がスコア計算して動けるわけじゃないから仕方ないけどねw

なんでC維持がスコア差を埋めることになるかについては過去の記事を参考にどうぞ。


それにしても今回の防衛PT面子は建設頑張ってくれました。
にゃちさんがPTに加入してから守りは堅くなったし、atanoさんやコエさんも積極的に携帯or固定建設をしてくれるようになりました。
もちろん一緒にAF常駐して守ってくれた他PTの方々にも感謝したい。
終盤までAF復活を守りきれたのは彼らのお陰だと思っています。

・・・折られたのはオイラのミスだけど(´∀`;)


なにはともあれ今週の戦争も接戦になってて楽しかったっすw
オイラの次の参加は来週の月曜ですね(´・ω・`)
これからも熱い戦いを展開するために、両国家ともに頑張りましょう!

では今回はこれにて(・∀・)ノシ

C防衛理論的な

せっかくの休日なので・・・
シリーズ第二回・C防衛論のコーナー!

※注意 個人的主観を多く含みます。反論のある方は遠慮なくコメでどうぞ。

まあサラッと読んでみて下さい。
きっと思うところがあるはず(・∀・)


ちなみに今回はFT効果範囲や戦闘位置などの説明は省略しています。
AF編を参考に考えてみてください。


◆固定FTと携帯FT

まずはC周りの固定FT建設位置から

図1
C周り固定FT位置

MAP中央の拠点という特性上、OFからならAB方向orCD方向・AFからならGH方向・E4からならEF方向と、多方面から攻められることが多いです。
AFはプロキ保有のことが多く、援軍の送り易さとカペの侵攻し辛さを考慮すれば、GかH位置が復活建設場所としては理想でしょう。
今回は説明のし易さを考えてH復活をいかにして守るかについてを中心に論じていこうかと思います。


まず固定FT建設の種類と順番ですね。

Hに復活を建てるならば、となりのGにはかならず攻撃ダウンを建ててもらいましょう。
後述の携帯FTも同時に建設できるとベターですが、すぐに建て始めるかは裏方要員&護衛要員の人数と相談で。
カペはOFから侵攻してくることが多いので 同時にCD&AB方向にも攻撃ダウンを1本ずつ。
次いでEF方向にも攻撃ダウンを建設するのがセオリーですね。

さて、仮にH復活・ACEG攻撃ダウンと建ったら次は何を建てるべきか。
順当にいくならばDとBに攻撃UPの建設ですね。
Fはワープ建設の余地があるので空けておいても問題ないでしょう。
できればAB方向にワープ建設ってのは避けたいものです。

あるいはW10・E4まで拠点を維持できているのであれば、W9にワープ建設という選択肢も考えてよいでしょう。
ただしこの場合はCに復活があり、C常駐PT(しかもそれなりの人数)の存在が不可欠であることも追記しておきます。

※知っている人も多いと思いますが、固定FTはポイント建設で行うのが鉄則!
終了時の残留FTスコアに計上されるのはポイント建設固定FTのみです!
携帯FTはお金に余裕ある人はALZでどうぞw
こちらは個人スコアになるので人によっては美味しいかも?


Cが安定すれば自然に周りの中拠点も安定します。
空き時間を見つけて中拠点のFTも建設することがC防衛につながるのでこちらも積極的に。
中拠点FTは 攻撃ダウン→攻撃UP→防御UP(ダウン)の順で建てるのがベター。
W10やE4拠点にアラートがついたらE2・W8に戦力を送ってそこで侵攻をとめるのが理想形です。


さて・・・
ここまでは誰でもできる防衛基礎ってやつですね。
あえて説明されなくてもわかってるよ!って人も多いと思います。
今回は一歩踏み込んで携帯FT建設についても論じてみましょう。

携帯FTの役目は

・固定FTの効果範囲外をカバーする。
・建設済みFT以外の効果を更に付加する。

この二つですね。
もちろん拠点攻略時は他の役目もありますが、今回は防衛目的なのでこれだけです。
※前提条件として携帯FTの建設は規模大を想定しています。

図2
C周り携帯FT建設位置

これはC復活位置とその場合の携帯FT建設ポイントの一例。
AF防衛論のときに触れましたが、固定FT効果は拠点中央まで届きません。
またGの位置に攻撃ダウンを建ててもHの位置の右側は範囲に含まれません。
それをカバーするのが、図2・1~3位置の携帯FT建設ですね。

各位置の効果についても説明していきます。

まず1番。
GH側固定FTは復活と攻撃ダウンですから足りない効果の防御UPと攻撃UPを。
なんで防御UPかというと、C襲撃時の防衛メンバーの損耗を減らすためです。
復活直後の被ダメ低下にもつながりますし、若干広場よりにたてることでAF・E2からの攻撃への対応力も上がります。
建設人数に余裕があればHP回復などもよいでしょう。

ここはC防衛の要となるポイントなので携帯FTの効果時間(5分間)を考えて切らさないように建てて欲しい場所ですね。
ちなみに4番の位置はGから届かない効果の補助位置ですから、余裕があれば建てる感じでOK。


2番の位置は拠点中央ですが、バリアー叩き妨害用の位置になります。
ここも応援がくるまで人員を持たせることを優先して防御UPをまず建てたいところ。
なんで防御UPからかというと、バリアの直上以外は固定FTの範囲に巻き込めるから。
時間の余裕があれば攻撃UPなど他各種も建ててよいでしょう。

1番の位置の建設が出来たらこちらもなるべく建てるようにしてください。


最後に3番の位置。
たとえばOFからの大部隊カウンターが予想されるとき、E4からの侵攻部隊が多数確認されたとき。
C内部に入られる前に叩くための橋頭堡的支援FTとなります。
カペ進行ルート次第ではW9・E3側建設も考える余地も有りですね。

この位置は建設時間が無いことが多いので、規模小・中も視野に入れての建設がオススメ。
もちろん他位置の場合も同様です。



◆携帯FT使用の落とし穴

携帯FT運用の最大の注意点は国家ポイント使用での建設について。
あまりにバカスカと国家ポイントを使いすぎると、最後のガデ召還用ポイントが足りなくなるのでご注意を。
効果時間も5分と短いので残り時間を常に意識しつつ利用していきましょう!




◆まとめ

基本的にCに敵がいなくても4~5人は防衛人員が常駐するのが理想となります。
C襲撃報告(あるいはPT接近報告)の際に追加1PTはすぐ戻れる位置に居て欲しいですね。

そのためにも、前線(例えばOF)の状況・Nラインのカペ進行状況・PH防衛状況、この3つの報告はC防衛に欠かせません。
携帯FT建設の時間も考えると情報は早いに越したことはありませんね(・∀・)

防衛PTがフルメンバーでいれば偵察&常駐は自前でまかなえるんですが、毎回足りてるわけじゃないので・・・

もちろん敵主力が向かっているときはこちらの主力も急ぎで戻ってくるのが必要です。
主力が戻ってくれるのであれば、ガデ召還も可能になるのがいいところ!
復活やワープを利用してキッチリ守っていきましょう(`・ω・´)



防衛技術は日進月歩!
これからも色々考えて改良していきたいので皆さんも頑張ってみてください。

では今回はこれにて。

7月27日22時戦結果

最近PTの固定メンバーの出席率が悪いです(´・ω・`)
おじちゃん悲しいよ!
バナナさんも二日連続で来てなくてションボリ(´・ω・`)


さてさて今回の結果です。

7月27日22時戦スコア

7月27日22時戦MAP

ハンデなし 50人規模戦 プロキコールド勝利
防衛PTメンバーは WR×3 FB WIZ (終了間際でFS追加×1)の計6名でした。

今回みたいに条件同じって考えると、国家の力が試されてる感じがして燃えますね~


◆初動

プロキ主力のほぼ全てがCとその周りへ。
カペ主力はどこに行ったのか不明ですが、一部はPH周りでAF→Cと来てたようです。

初期MAPを見る限り悪い形ではなかったと思いますが、実質は初動負け5000スコアくらいあったはず。
W10が権限あったけど占領できなかったのが惜しかった(´・ω・`)

プロキ側は昨日同様にCの要塞化を図ります。
とりあえず復活建設を試みるもことごとく失敗。
加えて予想以上の戦力がOFに持っていかれたところでAFおよびOFからの大軍の手でC陥落。

今回もなかなかに渋い開幕戦となりました。


◆中盤

Cを固めて維持を図るカペ、AFを固めて維持を図るプロキ。
これにより戦場はCの北側とOFがメインになります。
プロキ主力はPHからOFへ、カペ主力はC維持しつつAFへ牽制で戦況は膠着状態に。

防衛PTはC攻略人員が足りない問題を解決するために防衛目標拠点をAFに変更。
復活建設とその防備に当たります。
そしてこちらのAF復活完成と同時期にカペのC復活が完成。
更にOFや中拠点にもカペ側復活が次々に完成していきます。
まあこれはこちらの破壊PTが次々に折ってくれていたようなので良いスコアソースでしたね。

定期的なカペの集団攻勢によりAFの復活も度々破壊されますが、前線維持戦力を生産するための必要経費として復活は必要と判断。
極力折られないように防衛しつつ、折られたら即座に再建してAFの維持に努めることに。


◆終盤

AFはプロキ、Cはカペ、OFはややプロキ占領時間が長めで迎えた終盤。
状況はややカペ有利でしたが、ここで今回のどんでん返しが・・・

C防衛とOF奪還に戦力の大部分を割いていたカペの隙をついた主力の一部がCHQを占領。
これによりカペの拠点は事実上C周りのみになり、AFとOFからの攻勢でCが挟み撃ち状態となります。

目標拠点が一つにされた時点で復活は守れません。
カペの最後の復活も破壊され、あとはなし崩し的にプロキのコールド勝利で幕を閉じました。



◆勝ったけど毒アリの総括

今回もオイラはAFでずっと建設してました。
CHからの攻勢がほとんどなく、Cからの攻勢もAF復活からの出撃部隊で止められるので比較的守り易かった試合だったかな。
ほんとはもう少し防衛人数が居ても良かったかもしれないけど(できればFBがもう2人くらい)、ウチのPTも人員不足だから仕方ない(´・ω・`)

途中から常時AF復活有りの状態をキープしてましたが、折られた回数は(たしか)3回。
常時カペ1~2PTの特攻を受けていた状態にしては頑張った方じゃないですかね。
折られてもすぐ再建出来たし、何よりカペ側が大量の復活を建設しては折られていたことを考えると、そこまで気にしなくてよかったのかも。

暇さえあればAFに携帯FTを建設していた上(たまにatanoさんが手伝ってくれたw)、ほとんどの参加時間は復活建設に費やされて消えたのでスコアはひどいことになりましたがね。
防衛PT裏方専メンバー早く帰ってきておくれ(´∀`;)



さて全体的な動きではどうでしょう。

まず今回の直接の勝因であるCHQ占領。
正直な話、Cにカペの戦力が集中していたのを聞いてちょっとCH攻撃もアリかな?とか思ったりもしてましたw
結果的にこの攻撃で負け濃厚な空気からコールドにもっていけたから感謝すべきなんですけどね・・・

もしCH復活を壊す止まりで落としきれなかったら?
カウンターでOF落とされてCは難攻不落のまま時間だけが過ぎる・・・
この可能性があるからOF重視のCH狙いより、AF重視のC狙いを考えているんですよね(´・ω・`)
あの状態なら、全力でCに攻撃をかけて占領してしまえばほぼ勝ち確に持ち込めそうではありました。

問題はどうしてもOFにこちらの戦力が集中してしまったとき。
まあC奪還は無理ですよねー。
そのへんも考慮してみると対応としては良策だったのかもしれません。
だからこそ我々はAF復活を維持して拠点も死守してたわけですが。

一番怖いのは、これに味をしめてOF戦力過多の状態が続くこと。
今回もカペがAFに大軍向けてきたらアウトでしたね(^ω^ )
みんなそれを忘れちゃいけないぜ!
現に昨日はPHもCHもないのにプロキの勝ちだったからね。


それと今回の勝利の要因としてもうひとつ大きかったこと、それはカペの復活乱立。
守るつもりのない復活を建てすぎかと。
全力で守ろうとしてやむを得ず折られるのと、ただ単に複数の予備を建てて折られるのでは意味合いが全然違います。
そういう面ではプロキが幸運であり、カペは不運だったのでしょう。

カペって攻めるのはすごい上手いんだけどなー
拠点運用はプロキのが一歩上手なのかもしれない。
そんな感想を持ってしまう展開でした(´・ω・`)




それでは今日もこの辺で!
明日もがんばりましょう(・∀・)ノシ

7月26日22時戦結果

約一週間ぶりの戦争!
週2~3回しか参加できないって悲しい(´・ω・`)

まあ回数が少ない分、お財布には優しいのですがねw


んでもって今回の結果はこちら。

7月26日22時スコア

7月26日22時MAP

ハンデ+10% 50人規模戦 プロキ勝利
今回の防衛PT構成は WR×3 WIZ FB の計5名でした。
PT内の裏方担当がいつもより少なめな感じ(´・ω・`)

全体の流れは以下。


◆初動

主力が中拠点に向かう中、防衛PTはC直。
同時にSライン回りでWIZのコエさんが様子見しながらCへ。

C内部はプロキが数で負けていたのでKILL優先で。
占領権限はとれませんでしたが、中拠点で押し勝った援軍が来て制圧に成功。
即座に復活建設を開始します。

あとは各々AFかOFを占領して初動スコアは互角、±2000差以内だったはず・・・


◆中盤

復活建設護衛がバッチリついてくれたお陰で一発で建設成功。
対してカペはN・OFに復活建設を図り、OF側が成功したようでした。
そのOF復活も破壊部隊が壊してくれたみたいです。

構図としては、
カペがOF→PH&CH→AF
プロキがC→OF&AF→N
だったのかな?

ちょくちょくAFが落とされたりPHがピンチになったり。
C復活も度々攻撃をうけますがこちらは問題なくクリア。

その後、PHに1PT以上張り付きがいるとのことでW9にワープを建設。
しかしながら完成とほぼ同時にPH復活が破壊されます。
C復活→W9ワープを利用してPH内部に増援を送るも、度重なる攻勢でワープも破壊。
ついにはPH陥落という形に・・・


◆終盤

PH陥落後、内部にCHとのワープが建設されます。
この時点で我々はPH放棄を決定。
以降C周りの防衛に全力を注ぐことに。

この時点でC周りとAFを維持すればスコアは互角な状態。

プロキはC復活からの戦力でAFとOFを勢力圏に。
カペは前線復活がなく、CHとPHを基点にAFとOFを攻めるしかなくなります。
もし大拠点を経由せずにC復活をせめるのであれば、中拠点回りで移動する必要がある形ですね。
もちろんそれは報告Lチャを参考にキッチリ対応。

あとは最後のマラソンを警戒しつつ、OF・AFに戦力が偏らないようにしながらひたすら拠点前ホイホイ。
AFだけでなく、OFまで維持しての時間切れ勝利となりました(・∀・)



◆今回のポイント的な総括(?)

裏方専門は少なかったものの、防衛PT常連にFBさんが増えた効果であまり気にならず。
むしろPHがなくなったことでアゲント組もC防衛に参加してくれてましたからね、いつもより多かったくらいですよHAHAHA!

全体的には無駄な建設が少なく、各拠点防衛や戦力配分も良く出来ていたと思います。
各項目別スコアで見ても申し分ないです。
ガデの被破壊スコアが多いのはAF分かな?
他スコアもいい感じですね。要塞化しまくった甲斐があるってもんです。
中拠点建設も積極的にやってくれたようで・・・

後半のAF・OFでHQに蓋をする作業もなかなか。
前線の人たちもよく暴れてくれました。


こっからは個人的に今回やったことー。

C復活建設とW9ワープ建設。
Lチャ報告を受けて携帯FTを黙々と建てつつLチャ垂れ流し。
時間みつけて中拠点FT建設。

・・・うん、これだけ(´∀`;)
下手すりゃ戦闘時間よりLチャしてた時間のが長いかもしれんw

今回の戦争でオイラが役に立ったとすれば、携帯FTの建設!これに尽きます。
カペ侵攻部隊にあわせて携帯FTを建てておく!
拠点内FTも切らさず建てておく!
復活周りは特に重点的に!
いずれ携帯FT論も書いてみたいような気もする・・・ってか書きますそのうち。

Cの超要塞化+的確な増援でC復活は一度も折られませんでした!!
なんて素敵なんでしょう(^ω^ )

残り15分段階で、大量に買っておいた携帯パネルが切れて泣いたのは内緒w


あとはW9ワープが残念だったなー。
PHワープが生きてればもう少し機能する予定だったんだけど・・・
こればっかりはしょうがない(´・ω・`)

なにはともあ、上手いことみんなの行動が噛み合った結果の勝利だと思います。
是非これを本戦で発揮してもらいたいもんだわさ(´∀`;)


それでは今日はこのへんで(・∀・)ノシ

最近の小ネタ

製造カテゴリにしていいのかわからんけど・・・
週末以外(世間一般の週末じゃないけど)戦争出れないので今回はSS整理的な。


この間、ノラピタコースに誘われまして。
ホイホイついて行かせて頂きました(・∀・)

6ボス2匹食いコース

なんか6ボスを2匹倒す方法があるっぽいですね。
あとで真似してみたけど再現できず・・・
ちゃんと教わっておけばよかったorz


そして今回こそTクエ受けれるパズルは頂く!!

俺のパズル・・・

見事に兄貴にルレ負け(´・ω・`)
また今回もダメだったお!



その後・・・
このとき出たヴァンプ耳+6の売り上げ金で、FAのミスオブ強化してみた!

ミスオブ+6量産

白コア4個で+4→+6に(`・ω・´)
今日の俺はついてるのか!

ってことで余った白コアでギルメンのオーブも強化してみたら・・・
こっちも8個で+6(^ω^ )
おかげで借金減らしてもらえましたw
ウマー(゚д゚ )

俺・・・手足増幅埋め買ったらもう一個ミスオブつくるんだ・・・




こっから製造ネタ(ちょびっとだけど

SPPOT製造

SPPOTの製造素材変わりましたね~
でも大POTのFCもってないんだよなあ・・・
もともとレアだったし、もう手に入らないかねえ。

でも小・中POTは安価に量産できるからいっか。

以上、製造ネタ終了(´∀`;)



◆ついでのギルメン募集

メンバーの欠員が出たので若干名募集します。
・主にソロ中心でも泣かない人
・引退・ギルド移動する予定がとりあえずない人
・とにかくギルメンを大事に出来る人
・メインキャラで加入出来る人

上記全てに該当する人なら新規さんでも野良さんでも可。
絶対いないと思うけど駄目元でw

ウチのギルドの特徴をおおざっぱに言うと・・・
・インするとほぼ自分だけ
・仕事ない日以外はイン時間ちょびっと
・狩り嫌いな人だらけ
・廃人ギルメンはリカルナさんだけ

ちなみにフレ以外でウチに入ったのって、今まで2人しかいないんだなw
なんて閉じたギルドだ(^ω^ )
こう見えてもギルド倉庫使えるからソロよりはマシなんだお(´;ω;`)

これで参加希望きたら世界滅亡するな・・・


もし!万が一!何かの間違いで!
加入希望者が居たら、コメに残しといてくださいませませ。


それでは今日はこの辺で(・∀・)ノシ

7月21日22時戦結果

城2回目いったけど、まだクエ覚え切れない・・・
なにあの亡者B1B2足して2で割らないダンジョン(´・ω・`)


ってことで(?)今日も戦争結果レポート書いていきましょー

7月21日22時戦スコア

7月21日22時戦MAP

ハンデなし 50人規模戦 プロキ勝利
防衛PT構成は WR×4 WIZ FA FB の計7名でした。

それでは初動から~


◆初動

防衛PTは主力部隊と共にC直。
数的有利を活かして押し切り、主力部隊は周りの中拠点確保へ。
防衛PT組はC建設を開始します。

対してカペ側はAFにもそれなりの戦力を配置。
AF占領後、W9側からの侵攻部隊と協同でCを占領します。

結局、初動スコアは互角くらいだったのかな?
負けてたかもしれないけどちょっと失念。


◆中盤

序盤~中盤にかけてはCの奪い合い状態に。
カペはN1とOFに復活を建設し、AFとCに攻勢をかけてきます。
お互いにCを占領するたびに復活建設を図りますが上手くいきません。
むしろCが手薄になったタイミングでカペにAFまで攻め込まれる始末・・・
一時はAF-PHまで前線が後退するも、攻撃部隊のCH奇襲や復活FT破壊などでなんとか押し返します。

そしてAFに戦力があつまったカウンタータイミングで復活を建てることに成功。
すでに防衛目標をCからAFにうつしていた防衛PTメンバーで拠点をガチガチに要塞化し、以後最後まで守りきれました。


◆終盤

AF復活を基点に次々と拠点を奪還。
Lチャで中拠点のFT建設を指示しつつマラソンを開始。

おどろいたことにW10で1つ建設を終える頃にはW10とE2の建設は既にうまってました。
ちょっと感動。

最後はCまでキッチリ守りきってスコア2000差で勝利。
終盤で一斉に建設した残留FTスコア分が浮いて勝った感じかな?




◆いつもの総括もどき

勝てたので毒少なめでw

やっぱりAF-C近辺の戦力が薄くなるのはしんどいですね(´・ω・`)
どうしてもそのタイミングで大部隊に来られて、援軍のないまま落ちる場面が・・・
それをカバーする意味でも後半のAF復活建設は自分なりに良策だったと思いたい。

終盤のAF超要塞化もいい仕事したと言って良いはず。
前線からの的確な報告Lチャ(もちろん偵察担当のPチャもw)もあって、早め早めの携帯建設が効果を上げたようです。
カペ攻撃PTと同人数でも処理速度が半端なかったw

他にも スコアから見てわかるとおりFT破壊スコアもいい感じですね。
こちらは建てた復活を守りきり、カペの前線復活をほぼ全て破壊している・・・
本音を言えば、例え折られることになってもC復活は欲しかったんですけどねw
AFの場合は復活を建てるタイミングが難しいんだよねえ。


ちなみに最後のマラソン攻勢のときに皆が協力して固定FTを建てていけたのが今回最大のグッドポイントかな。
オイラのLチャを聞いてくれたのか自主的にやってくれたのか、どっちにせよプロキ民GJ!
終盤のAF防衛で何人か一緒に拠点内に残ってくれたのも嬉しかったな(・∀・)

また来週の休みまで戦争出れないけど、それまでにもっともっとプロキが良くなってることを期待してますよ!!



◆おまけ

意思シグ足(FA)

なんか出た(´・ω・`)
売れなそうなのでサブFAに装備させてます・・・
増幅だったら(オイラ的に)神だったのに残念!!w

7月20日22時戦結果(新ダンジョンもあるよ!)

約1週間ぶりの戦争。
新ダンジョンが気になって仕方なかったのは内緒ですw


それでは今日も毒吐きいってみましょう!

7月20日22時戦スコア

7月20日22時戦MAP

ペナ+5%(ハンデ=人数多・ペナ=人数少ってことで) 45人規模戦 プロキ敗北
防衛PTメンバーは WR×3 WIZ FA FB の計6名でした。
 

◆初動

とりあえずいつも通りC直。
こちらの本隊はCより他中拠点を優先したようで
Cの権限はカペに、他中拠点占領状況はプロキ有利という形でまずまずの結果に。


◆中盤

C・AF近辺を保有する国家がめまぐるしく変化します。
こちらがCを占領すればカペはPHの復活を折り、カペが前線復活を建てればこちらがそれを折る。
お互い攻めに専念するあまりに防御なしの殴り合い状態が続くことに・・・

途中復活が存在したのは
カペ:N1・C・OF プロキ:AF
お互い1本も守れてないのかな?

プロキとしてはAF守れないC守れないで状況コントロールが出来てない感じですね。
カペの方が比較的守れてた気がするかな。


◆終盤

gdgdな殴り合いのまま試合は最終盤へ。
拠点マラソン開始→一時的にプロキ側がリード→すぐに逆サイドがおちる→スコア足りなくなって負け

なんでこんな安定しない形にしたがるんだろ・・・(´・ω・`)
のこり5分でエラー落ちしたため、最後のマラソンはロビーから見守ってました(´∀`;)

展開的に見るべき点は少なかったので、内容の薄いレポートになってしまった・・・



◆総括的でもない毒吐き

拠点が守れない!!
これにつきますね。
とにかく守りの意識が薄いんですよ。
せっかく要塞化しても、攻められたときに応援が誰も来なけりゃ全くの無駄。

ほんとは防衛PT全員でCかAFに留まっていたいんですが、前線の状況Lする人も必要だし・・・
なによりほとんどスコアを稼げない仕事なので全員を無理に残すのはアレすぎる。
WIZとWRが多目のPTだからある意味仕方ないのですが・・・

スコア30でいいよって人がもっとPTに欲しい!!
・・・ワガママですいませんw


個人的に防衛PTの仕事をまとめると

・固定FTの建設
・状況、報告Lから判断しての携帯FT建設
・建設護衛
・(拠点に留まって)Lチャおよび偵察担当からのPチャに応じて応援要請
・拠点内の人数過多時には他拠点への誘導
・他拠点状況の報告

特に防衛担当として重要なのが携帯建設と人数調整。
的確な携帯建設があると防衛の負担が激減することを知ってる人は少ないんじゃないでしょうか。
個人の力だけで敵を撃退できてると思ってる人いませんか?

建設者はギア代プラス携帯パネル代で財布がマッハで死にますけどねw

そして人数調整だけはもう周り次第(´・ω・`)
たとえばOFやSラインに人が多い状況だと、いくらAFで叫んでも誰もこれないわけですよ。
AF-Cライン維持を目標とするならば、前線はN12とC-OFラインであるべき。
それでも今回はAF-PH間が前線にならなかっただけマシだったと思いたい。

固定FT建設して携帯FT整備して防衛体制整えたのに応援来なくて落とされる悲しさをみんなわかって(´;ω;`)


防衛PTそのものの仕事配分も一度みんなで話し合うときが来てるのかもしれない。
前線行きたい人が多い防衛PTじゃ意味ないしねw
まあオイラがしっかりその辺Pチャして呼び戻しできればいいんですけど、そこまで拘束力あるわけじゃなし。
やっぱ10人はメンバー欲しいんだよなあ・・・
各前線に偵察飛ばしても防衛目標に5人~は残したいってのが本音。

きっちり拠点を守れてれば最後のマラソンに全てをかける必要なんてないってことですね。
スコアみれば接戦にみえるけど今回は全然接戦じゃないからねw
リードをカペが守りきっただけだから!

つーことで戦争の話題はここまで。



◆新ダンジョンいってきたー

呪われたドロスニン

攻略サイト見ながら行ってみました!

とりあえずドロスニンクエがわからん(^ω^ )
途中でやっとかないと箱もらえなくなるのだけは理解した!

迷走の果てに・・・

クリアしてからも迷走した結果がこれだよ。


ちなみに10回クリア称号はHP+10です(´・ω・`)イラネ
今日また行ってみますかね・・・

いまさらですが

時間がちょっと空いたので駄文でも。


ようやく戦7エポ買いましたw
増幅ミスリル足が売れて、まとまったお金があるうちに手に入れておこうと思いまして。

ペイン6とか武器にエクステとか挿す前に買うもんじゃねーの?
・・・って突っ込みをよく受けてましたね はい。
いつか自力で出せると思ってたんだYO!

まあオイラのドロ運じゃ無理でした(^ω^ )

あとは攻撃ルーンでもあればそこそこの攻撃力になるんですが。
(´・ω・`)もう金ないお
とりあえずこの後に書く計画を実行したあとに買う予定です。
ミスリルはその更に後かな。


で、ですね。
FA復活計画実行中です。
なんか手足オスミバトル増幅埋めとか100mくらいまで落ちてるじゃないすか!
2部位で200m、更にミスオブM増でも作れば十分なもんができますね。

以前FAメインだった頃はミスリルステでしたが・・・
今回はオスミステなので叡智7がなくなった分は(火力だけ)カバーできそう。
これでトロロさん達と寺2クリアに行き易くなるのかしら(^ω^ )

久しぶりすぎて殺人FAになりそうですが、装備揃ったらみんなダンジョンに付き合ってね!(フヒヒ

7月14日22時戦結果

今日もなかなかに良い勝負!
突っ込み入れるポイントが少ないのはありがたいことですね(主にブログ書く手間的な意味で


それでは結果から。

7月14日22時スコア

7月14日22時MAP

ハンデ+5% 50人規模戦 プロキ敗北
防衛PTメンバーは WR×3 WIZ×2 FA×3 の計8名でした。
ロビーで時間ギリギリになってしまい、PT編成を上手くできなかったのが残念(´・ω・`)


◆初動

防衛組はC直、他はCだけでなく中拠点に多めに流れていたようです。
カペはCにそこそこの数を配置、こちらのC部隊は壊滅するも占領権限を奪うことに成功します。
直後にCは陥落しますが すぐに奪還。
初動終了の段階でプロキがやや有利な状態でCを押さえている感じとなりました。

以降Cが今回の主戦場となります。


◆中盤

こちらはCに復活を建設して前線拠点化。
何度かAFが危ない状態になったり、逆にOF復活を破壊したりとスコアは一進一退。
カペも定期的に2PTほどがC復活に特攻をしかけてきます。
こちらもC復活を折られたり再建したりで忙しいことこの上なし。

そして…
ややプロキ有利の状態で迎えた今回最初の転換点。

各方面からCに集結したカペの手によりCが陥落。
こちら主力がOFの復活を破壊に行っている隙を突かれる形となりました。
結果、OFとCを交換という最悪の事態が発生します。

そのままOFからの部隊でCを奪還できればよかったのですが…


◆終盤

カペ主力がC北側に展開。
こちらの主力が足止めをされている間にC復活建設が開始されます。
こちらも妨害部隊を派遣しようとしますが、主力が北側で釣られている状態のため近寄ることすら出来ません。

そうこうする内にC復活が完成。
結果的にこれが致命打となりました。
この段階でプロキはAFとOF、中拠点の一部を維持してスコアは互角。
OFの維持はほぼ不可能であり、Cを保有していない状態の中拠点も信用できない…

結局 Cは奪還することができず、OFも奪い返され(´・ω・`)
中拠点もいくつか奪われたことでわずかにスコアおよばず。
プロキの負けとなりました。



◆総括というより反省点

今回は防衛組向けに携帯FT建設理論的な実践講座を行っておりました。
実際、序盤~中盤あたりではかなりの効果を上げていたと思います。
さすがに3~4倍の戦力相手ではどうしようもなかったけど(・ω・;)

個人的に残念だったこと。
Cが落ちたあと復活建設者発見のLチャが入り、妨害指示のLチャはしたんですが…
もうちょっとしつこくLしたほうがよかったのかなあ。
C復活建ったら厳しいって言ったんだけど、みんなC北側広場で釣られてて悲しくなった(´・ω・`)

それともう一つ。
OF復活おるのと引き換えにCが落ちたタイミングがあったけど…
そのあとすぐにC奪還に戦力集中が出来ていればリードを維持できたってのも皆に判ってほしい。
昨日のPH奪還を図ってC陥落と同じパターンですよコレ。

今回の注意点はそれくらいかな!


地味に最後10分きってからAF復活とか建ててみたけど、それなりには機能していたようで。
勝ってたら何気に評価ポイントだったのにおしいw
全体的な固定スコアも両軍拮抗していて良い試合でしたね。

最近防衛組の人数が増えたのは嬉しいのですが、Cチャを使うようになったことでメンバー全員に指示が行き渡らなかったり(Cチャに入らない人がいるため)、第2PT面子の場所がMAPで確認できない弊害が出たり、集団行動が難しくなったりと色々な壁にぶつかっています。
問題解決には時間がかかるでしょうが、これもまた戦争の醍醐味…
プロキ勝利のためにこれからも頑張るので皆さんなにとぞ協力をお願いしますね(`・ω・´)


それでは今日はこの辺で(・∀・)ノシ

7月13日22時戦結果

最近いい勝負になりますねー(・∀・)
良い勝負になってくれると楽しくてやりがいがありますよね!


それでは今回の結果から

7月13日22時戦スコア

7月13日22時戦MAP

ハンデなし 50人規模戦 プロキ敗北(コールド)
防衛PTメンバーは WR×4 WIZ×2 FA FB の計8名でした。
途中でFBの人いなくなっちゃったけど…(・ω・;)
ちなみに今回も2PTに分かれてのCチャ使用になります。



◆初動

プロキの大半がCとその周りの中拠点へ。
ちなみに防衛組もCを目指しました。
対するカペはPHに大軍を送ったようですね。
初動スコア的にはプロキ勝利、ただしPHと復活を全てを失うという形。

今回はちょっとPH陥落に遅れつてC復活を建設。
この時点で両軍のスコアはほぼ互角(2000差以下)です。


◆中盤

PH奪還するチャンスをうかがいつつ、AF-Cラインを保持します。
OFに復活があると厳しいので、定期的に部隊を向けて牽制をかけたり復活破壊をしたり。
防衛組は建設と偵察に大忙しであんまり集団戦は出来なかったのが残念。

カペはOFと両HQ維持・プロキはAF-C周り維持でスコアは拮抗。
あとはどちらが先に無理攻めをするかの我慢比べだったのですが・・・

先に痺れを切らしたのはプロキ側。
AF-Cライン維持をしていた主力がPH奪還に動きます。
結果、Cの防御が薄くなったことで復活を喪失。
再建を図るものの援軍も薄いためCそのものが押し切られ カペの勢力圏になります。


◆終盤

復活を失い、拠点がAFと中拠点だけになったことで非常に厳しい流れとなります。
残り時間20分ということもあって全軍でPH奪還という手も考えましたが、次々に拠点が落とされていくためそれすら許されず。

結果的になす術も無くコールド負けという形で幕を閉じました…




◆今回は簡単な総括

最後に崩れてコールド負けをしたものの結構いい勝負でした。
中盤に戦力バランスが崩れたのはある意味仕方ないとは思っています。
均衡状態がいつ崩れるのかハラハラしながらC防衛をしてたんでw

今回は初動がなかなかいい感じに勝てていたので、無理にPH奪還を狙う必要はなかったかな。
まあ最終的にはPH奪還しての圧勝というプランではありましたが。

確かに初動PH強襲への対策は早急に必要ですね。
最近は「初動Sライン戦力+死に戻り」で持たせられないほどの大軍が来たらPH放棄でも良い感じはしますね。
とり返すならPHワープを建設される前に、もし建設されてしまったら隙が出来るまでは無理攻め厳禁ですから。
せっかく互角の展開なのに無理攻めした結果が今回だと思ってください。


まあこれは仮定の話ですが…
もしあそこで同時にPH奪還に成功していたら?
おそらくCと周りの中拠点を失って、AF-PHライン維持の形に移行していたと思います。
AF-C+中拠点 と AF-PH の拠点スコアを比べてどっちが上か?
ここ最近その形で戦争に勝てたのか?
正直厳しい展開だったと思います。

もちろんあのままのAF-C形でもラストマラソンで中拠点が落ちることを考えればジリ貧なんですけどね。
Cを維持したままでの起死回生の一手が必要だったのですが今回は失敗だったということで。




今日はこんなところで(・∀・)ノシ

7月12日22時戦結果

ひゃっほおおおおおおおおい!!
まだまだプロキも捨てたもんじゃないね(ォィ


ということで今回の結果!!

7月12日22時戦スコア

7月12日22時戦MAP

ハンデ+5% 50人規模戦 プロキ勝利
防衛PTメンバーは WR×4 WIZ×2 FA×2 FB FS の計10名でした。
今回は防衛常連プラスαが集まったので思い切って2PTに分けてみました。
前回の教訓を生かして今度はCチャも用意しましたよ(`・ω・´)

それではいつも通り流れを見ていきましょう。


◆初動

防衛組全員でC直。
カペも相応の数を振ってきましたが、プロキも主力の大半をCに割いたので何とか占領に成功。
即座に護衛を配置しつつ、C要塞化&復活建設にかかります。
対してカペはPHに数を配置。
内部に侵入されたことで復活&ワープFTを破壊されます。

しかしながらC占領後すぐに復活建設にかかっていたことが功を奏し、PH復活破壊直後にC復活が完成。
その後は防衛組本隊がC防衛を継続、分隊がPH復活再建補助にまわります。

こんな感じでドタバタしてたので初動スコアはどんなだったか見てないです(´・ω・`)
でもなんかいい感じだったっぽい?


◆中盤

更にCの守りを磐石にするためにPHとのワープを開通させます。
(個人的に今回の重要なポイントの一つだったと思うところですが・・・)
C防衛本隊とPH防衛分隊間で連携、PHワープ再建とCワープ建設を平行して実行。
これによりほぼ同時に両拠点のワープFTが完成しました。

中盤カペは20人規模の戦力でAFおよびOFから進行をはかりますが、さすがに一度の攻撃ではCの復活ワープ両者を破壊することは困難だったようですね。
防衛戦力がいるとはいえ大抵復活が破壊され…そのたびに即座に再建を行います。

無理なアタックに対しては積極的にカウンターを仕掛けたことでNやOFの復活もきっちり折れていたようです。
AFとC周りに関しては、防衛組WIZの定期的な偵察と各前線からの報告Lで細かく対応。
C居残り組の携帯FT建設も結構な効果がありました。


◆終盤

終盤になる頃にはAFがほぼ安定、OFまでプロキの勢力圏に持ち込むことに成功。
カペも大部隊でCやPHへの攻勢をかけますが そこは主力と協力してしっかり抑えていきます。
何度かCが落とされたりAFが落とされたりと危ないところもありましたが、主力組がOFに流されないでくれたお陰でしっかりと大戦力を集中→奪還の流れとなりました。

残り5分を切ったあたりでカペの最終攻勢でCが猛攻をうけます。
対するプロキは落ち着いて戦力をあつめて対処。
最終的にはほぼ全ての前線戦力を撃退しての時間切れ勝利となりました。



◆総括とかポイントだったところ

スコアを見つつ解説していきたいと思います。
まずは敵軍破壊スコア。
いいですね~!
各大拠点にデバフFTを建設していた上、Cに至っては携帯FT(大)でまでバッチリ要塞化してましたからね。
何より各PTが集まって塊になれていたことが大きいです。
C奪還の際に前衛職が先頭をきって拠点内に攻め入ることが出来たのもポイントだと思います。
戦いは数だよチミ~(^ω^ )


FTスコアはひどいっすねwwww
でも今はこれでいいんです。
みんながもっと対人に慣れて死ななくなれば復活建設もそこまで重要ではなくなるでしょう。
それまでは復活を折られてもしっかり再建して(もちろん復活防衛PTが張り付いてる前提ですが)、
前線を維持することに努めるべき!

実は今回、要所で時間稼ぎ目的のガデ召還もしてたりします。
確かに固定スコアは重要ではありますが、わずかなペイで多大な効果を得ることができることもあるのです。
それでも今回のガデ被破壊スコアは低めで済みましたすが。

固定スコアを払うことで(限度はありますが)他のより大きな固定スコアを引き出したり(今回の場合は敵軍破壊とか)、要塞化拠点を多数保有する状況を作り出すことができるのならば それは素晴らしいことなんですよっと。



今回は防衛PT的にはどうだったかというと…

まずPH防衛分隊の働き。
ワープ建設やPH状況報告を常にLチャしてくれたお陰で戦場全体を見ることが出来ました。
Cが危ないときには全員で集まって建設&防衛出来てたし。
連携のとれた10人規模の戦力ってのはそれだけで意味がある。

C防衛本隊に関しては2つのグループに分かれての行動がメイン。
自分とえす子さんの携帯FT建設組とその護衛のグループ、それと遊撃しつつ前線の状況を把握するグループ。
もちろんCに向かうカペがいたときはすぐに全員集合してましたけどね。

そうそう、意外に効果があったのが囮建設戦法。
本命の復活建設者がちょっと離れたところで復活建設開始→FT建設予定位置のすぐとなりにオイラが棒立ち。
妨害戦力が全員こっちに来るんですけど…(^ω^ )
どんだけオイラ嫌われてんすか!!
終わったあとロビーで皆に爆笑されましたとさw


まあ何にせよ日曜本戦までこの流れを維持したいものですね。
最近の流れでハンデ5%の勝利は大きい。
・・・オイラは本戦出れないけどナー(´・ω・`)



◆おまけ

5分の2とかねーよw

なにこのイジメ(・ω・;)

7月9日22時戦結果

失敗したことがいっぱいあった・・・
つたわらないことがいっぱいあった・・・

もうだめかもわからんね(´・ω・`)


いつもどおりまずは結果から↓

7月9日22時戦スコア

7月9日22時戦MAP

ハンデ+10% 50人規模戦 プロキ敗北
PT構成は WR×3 FB×2 WIZ FS の計7名でした。
最近忙しくて戦争は週2~3回ペースでしかでれてないんですが、PTに新顔がちらほら…
7名を越える編成になりそうな感じだったので とりあえずPTを2分割したのが間違いの始まりだった(´・ω・`)


◆初動

PTにFB2人という素敵編成にwktkしつつC直。
初動カペはC直PTなしだったため権限はとれたのですが・・・

AFにカペ2PT、さらに中拠点でプロキを打ち破ったカペが次々にCへ殺到。
対してこちらのC増援は全くなしという状況。
あっという間にメンバーは全滅してしまい、前線は一気にAFまで下がります。

もちろん初動スコアは大敗。


◆中盤

カペの前線拠点が整う前にAF奪還→C奪還を図ります。
しかし組みなれないPT面子であること、主力がS~OFへながれてしまったことでAFに戦力が集まりません。
ようやくPTメンバーが集まる頃にはすでにC要塞化&復活建設も行われほぼ手遅れな状況に・・・

何度かPTでAF強襲をかけますが、後続が続かないのでほぼ無駄死。
時々AF奪還はするものの、基本的にAF~PHQ間でホイホイされ続ける状態でした。

この時点で両軍のスコア差はほぼ15000。
終了時にCHQ以外の拠点ほぼ全部をもってれば勝ちかな?ってくらいw
勝ちが絶望的になったのでオイラのテンション激ダウン↓(´・ω・`)


◆終盤

予想どおりSラインホイホイ&AFホイホイをされつづけるプロキ。
暇なのでホイホイポイントに携帯建設をしてるオイラ。
攻撃力上げてやるから好きなだけスコア稼いでくれ!って投げやりになってました(^ω^ )

そして結果はもちろん大差での敗北。
すくなくともハンデ10%の試合内容じゃないぞコレ…





◆総括というより毒吐き

現在負けの理由の半分以上をしめる初動について。

平たく言えば戦争ってやつは局所的なGVの集合体なわけです。
ただ大きく違う点は、単に死なないで殺せばいいって事じゃないとこですね。
安全地帯のないGVを考えてもらえばわかりやすいと思います。

すなわち、リポ地点までおしきられたら負けでリポ地点まで押し込めば勝ち。
ものすごい大雑把にいえばそんな感じ。
もちろんルートが複数あったり拠点があったり実際にはもっと複雑ですけど。

この変則GVは陣取りゲームの様相を呈しており、さらにリポ地点を前線に建築することも可能なわけです。
初動でさえリードを奪われていなければ、どんどん前線を押し上げてリポ地点を増やしていけば勝てる(そんな単純な理論じゃないけどw)ってのが戦略のスタート地点。
つまり前線をあげれない対人、もしくはあげるだけあげても戦力補給のない見せ掛けの前線を構築する対人の価値の無さが露呈してくるわけですよ。

この戦力供給に大事なのが前線復活であり、そこを守る防衛戦力ってやつですね。
実はカペは前線における人員のロストが極めて少ないのが強み。
後方からの戦力供給が少なくても前線が維持できてしまうのです(なんというチート戦力!)。


さて、この戦略の大前提の初動確保に話を戻します。
初動はちょっと特殊な戦いですね。
普段は死なないように前線を押し上げるのが優先しますが、初動だけは死んでもいいから目標拠点内の敵を排除することが大切になります。
相手が回復のために下がってくれたらお得なんです。
ぶっちゃけ強いほうが拠点をとれるので、各拠点ごとに同数の両軍がぶつかったらプロキは負けますねw

序盤に各中拠点での押し合いに負けるってのはどういうことか?
すなわち相手のC増援が増えるということ。
そして初動が負けているプロキは Cなしには中盤以降スコアを稼ぐ術がない。
中拠点で負けている分 初動スコアで負け、Cがおちると逆転する方法もほとんどない。

う~ん、まさにいつものパターンですね(´・ω・`)


対応策としては

①初動Cスコアは捨てて中拠点に全力を注ぐ。しかるのちCに集合してCも占領する。
②中拠点スコアはある程度諦め、C維持に全力を注ぐ。

①は出来るなら一番良い方法かもしれません。
そのかわりE2方面部隊とW9方面部隊が両方負けないことが大前提となります。
その後の戦略もAF中心でいけるので結構悪くなかったりします。
②は一番簡単でわかりやすいですが、初動スコアが低めになるので以降の戦略が重要になってきます。
Cを維持し続けながら どこかで初動の負け分を稼がなければならないってことですね。


個人の戦闘能力の差(装備差と言い換えてもいい)は戦術or戦略でカバーできるものです。
今のプロキにはそんなものナッシング!!
もしくは間違った概念を持ってる人が多いといいましょうか。

普段からよく言っていますが、

・AFを捨ててOFを維持にはしるメリットの少なさ
・AFとOFが前線になる危険さ

これですよ。
すべての元凶OF病。
OFに復活が建つと何が辛いってCの維持が辛い。だから建てさせない建ったら折る。
OF破壊部隊の目的は本来コレ。
でもOFに戦力を集めすぎるとAF維持が精一杯で、それ以上を求めるとAFすらおちる。
もちろんAFでとまらずに先に突っ込んじゃうプロキ(そしてバラけて各個撃破)。
本来のC防衛目的はどこいったの?って感じ。

たしかに復活FT破壊は500固定スコアですが…
Cを押さえるというのはその周りの中拠点もついてくるってことも意味するわけで。
さらには拠点FT残留スコアもうんたらかんたら。


なんでOFダメなのさ!って人のために、AFかOFを維持してのC攻撃を比較してみましょう。
まずOFはCHから近いので復活建てれません。
途中に妨害できる拠点もないしね。
AFなら状況次第で復活建てれます。
途中にNラインをはさむ上、適度にCHからの距離もあります。
つーことでS6に復活を建てる必要がでてきますね。
これがAFに対するPH復活と等価になります。
大きな違いはPH復活と違って守ることが困難なところですが。

つまりですね、AFからのPH攻撃を警戒しつつ、S6復活への攻撃をとめつつ、OF守りつつ、C方面に大戦力を送る必要があるのがOF維持戦法ってわけです。
これがAF維持だと復活防衛箇所が1箇所減るわけですよ。
SからのPH攻撃を警戒しつつ、AF守りつつ、C方面に大戦力を送る。
同数同士のぶつかり合いで負ける今のプロキならどっちが良いか良くわかるでしょ?

ちなみにCHを本気で落としにかかるなら、AF維持よりOF維持のが効率がいいです。

それとこれはどっちの軍にも言えることですが、
カペにとってのAF落としてPH前ホイホイ&OF維持してSラインホイホイってですね・・・
PHからのプロキ戦力に蓋をする形になるのでC維持が非常に楽です。
ワープか復活でも建てとけばまずおちませんね。
だって敵これないし。
もちろんのことながら 今のプロキの戦力では同じ戦法はとれませんw

オイラがAF維持してCに出口を求めるのはこういうこと。
カペに背後をつかれる脅威を与えるためのC維持なんですYO!



・・・ハアハア(´Д`;)
一気に毒吐きまくって疲れたw
まだまだ語りたいことはいっぱいあるけど続きはまた今度(´・ω・`)

それでは皆様また来週(・∀・)ノシ

7月6日22時戦結果

3日ぶりの戦争参加です(`・ω・´)
週2~3回しか22時戦出れない悲しさ・・・


さてさて今回もスコアから晒していきましょう!

7月6日22時戦スコア

7月6日22時戦MAP

ハンデ+25% 45人規模戦 プロキ勝利
防衛PTメンバーは WR FA WIZ 各2名ずつ計6名
固定メンバーは3名で残りはピンチヒッターをお願いしました。
とはいってもなじみのある面子ばかりだったので連携はバッチシ(・∀・)

ずっと防衛担当で動きは少なかったですが書ける流れは書いてみましょう。


◆初動

まずはC直。
カペも相応の人数と戦力を割いてきていた様子ですね。
PHに振るはずのところが来てたのかな?
一時は拠点内からプロキが一掃されますが、中拠点を落として戻ってきた援軍のお陰で状況は逆転。
占領権限はなかったものの制限時間いっぱいカペを近づけず初動C獲得!

とりあえずC復活を建てようかと考えたところで初動チェック。
・・・ほとんどの拠点とってるじゃん(^ω^ )
Cにカペ集まりすぎてたのが原因でしょうか。

そんなわけでワープ建設に変更。
ひどい妨害もなかったのでサックリ成功です(ついでに要塞化も)。


◆中盤

ここからはPチャで細かく指示を出していきます。
基本1人以上はC常駐、1~2人が中拠点建設、残りは状況に応じてAF・OF方面支援と偵察へ。
Lチャでの抜け報告に注意しつつ、AF・OFにアラートがついたらC周りに携帯FT建設を開始。
ついでにPTメンバーも全員帰還で対応です。
ワープがあるお陰で、PH防衛組のFBさんが手伝ってくれるので非常に楽でした。

全体的な拠点状況としては、AF・OFが時々落とされてすぐに奪還。
W10からE3まで・E4からW9までの侵攻を許したときもC到達前に阻止することに成功。
中拠点奪還後には再びFT建設を黙々と・・・


◆終盤

なぜかW9に復活が建ってました。
前線から遠い上に 守るにもCワープの反対側で位置が悪い。
何故、一体誰が・・・今回の試合最大の謎であるw

戦況の方はカペをCHに封じ込めてそのまま終了。
最後の数分間、暇なオイラはC周りのガデを出してまわってました(´・ω・`)ポチポチ




◆てきとーに総括

ハンデ+25%! およそ50対40ってスゲーっすね。
むしろなぜ昨日負けたし・・・

C防衛に1PT割いても(といっても常時1PTいたわけじゃないよ!)余裕で他が押し切れてしまう。
PTメンバーから次々に状況報告がはいるからCで対応するのも楽だし。
一番大きかったのは初動Cにカペが数割いてくれたことかな。
あれで勝負が決まったといってもいいかも。

うん、なんで昨日負けたし・・・


で、スコアもちょろっと見ておきますか。
珍しく敵軍破壊スコアも勝ってますね。
AF→N・OF→CHQとお互い数が集中する箇所での戦闘だったのが良かったようです。
人数差がダイレクトに出たんでしょう。
他は特に見るべき点はないかな・・・
あとは残留FTスコアはC防衛成果の一つってくらい。

あ 勘違いされるとこまるので一応補足。

別に防衛PTが建てなくても、誰かしら中拠点建設ってしてくれるもんなんですよね。
でもあっちこっちでバラバラの人が建てると戦力的に効率が悪い。
そこでC防衛担当が暇なときに建設に回るわけですよ。
そうすると他の人はみんなで前線出れるわけです。めでたしめでたし。

そんな感じ(´・ω・`)


忙しくて戦争出る回数減ってますが、出れた日はブログも上げていこうと思ってます。
不定期になりますが 以後もよろしくー(・∀・)

7月3日22時戦結果

初心に返るのも大事ですね。
まっつーです おはこんばんちわ(・∀・)

来週からリアル事情で戦争参加およびブログ更新が不定期になるかもしれません。
そこんとこだけよろしくー。


では今回の結果です。

7月3日22時戦スコア

7月3日22時戦MAP

ハンデ+15% 45人規模戦 プロキ敗北
防衛PTメンバーは WR×3 WIZ FA の計5名でした。

初動からの流れは以下で。


◆初動

防衛PT本来の仕事に立ち返り、初動はCへ。
プロキ全体が初動制圧重視の布陣だったためか、AFおよびCとC周りの中拠点まで押さえることができました。
カペ側はいつも通りPH襲撃に重点を置いた形。
一気にPHを占領しワープを建設、PHとCHから攻める形をとります。

初動はプロキ大勝だったものの、PH陥落という厳しいスタートとなりました。


◆中盤

防衛PTメンバーでCを要塞化しつつ、まわりの中拠点もFT建設で埋めていきます。
定期的に1PT単位の襲撃があるため拠点を完全に空にすることが出来ません。
オフェンスは主力部隊に任せて拠点整備と維持に専念です。

時々メンバーのWIZに復活偵察に行ってもらいながら、状況次第でOFにも牽制攻撃。
カペも大部隊をC方面に割くことはあまりなかったので主戦場となることはありませんでした。


◆終盤

PH奪還は一向に行えないまま試合は終盤へ。
状況は AF・OFの所有権がたまに変わるか、お互いに復活FTを破壊するだけという膠着状態。
最後の最後でプロキはCからマラソンを開始したもののわずかに追いつかず。

ハンデ+15%もの状態で負けとなりました・・・



◆今回の総括と反省点

昨日の今日ということもあって、他の固定PTと無理に連携をとることはせずに動いてみました。
拠点防衛に関しては野良PTの方とも連携がとりやすいのがいいですね。
建設もしっかり分担して出来ていたと思います。

初動PHに関してはもうそれなりのPTを置いて守るしかないと思ってます。
今日は防衛PT自体5名しかいなかったのでC防衛の方をとらせていただきました。
毎回PH襲撃を行われているのに、他のどのPTも自分からPHに留まらないことだけは本当に不思議ですが。

それとFT破壊スコアについて。
終盤のCには復活が何故か3つも建っていました。
予備を建てたいのは判りますが、ちょっと考えなしに建てすぎだと思います。
結果的に結構な本数の復活が折られているわけですし…

更にプロキ最大の問題点である戦力の集中の件。
戦争終了後に聞いた話では、各拠点に数人ずつ戦力が分散している状態らしいです。
カペはボイスチャットを戦術に組み込んだPTが4PTあるらしく、その全員が一体となって動いているわけで。
少人数で戦闘をしている今のプロキでは全く太刀打ちが出来ないのは間違いありません。
せめて固定PT同士で連携をとって戦えればまだ勝負になるんでしょうが…
あんまりでしゃばって考えを押し付けると昨日の二の舞になるので自重中w

なにか皆が纏まって動けるような妙策はないものですかねー(´・ω・`)
当分は防衛PTとしてキッチリ仕事をこなすことだけを考えていくしかないか。
毎日同じことを書くばかりでネタもないや…



◆おまけ

久しぶりに寺2クリアにいってきました。

7/3寺2クリア

ベルトオブプリベント+4

noboさんナイスレア運!!
いい値段で売れると良いな(・∀・)

7月2日22時戦結果

皆様おはこんばんちわ(・∀・)
今日は結果報告以外にも報告すべきことがあります。
詳細はのちほど。


何はともあれまずは結果から。

7月2日22時スコア

7月2日22時MAP

ハンデ+10% 40人規模戦 プロキ敗北
防衛PTメンバーは WR×3 WIZ×2 FB FA の計7名でした。
内2名は他PTからの派遣さんですね。

いつも通り簡単な流れは以下で。


◆初動

昨日の柳の下を狙ってCHを強襲してみました。
カペ側も1PTがPHに来ていたようですね。
こちらの戦果が復活破壊のみだったのに対し、カペは復活破壊プラスPH占領という成果。
他中立拠点に関しては五分の展開だったようなので良しとすべきでしょうか。

もちろんすぐにPHを奪還し復活を再建します。
しかしHQが一度落ちたことで、プロキ側のほうが復活なしの状態が長く続くことに。


◆中盤

初動後は特に固定スコアを変動させる要素がない両軍。
カペのほうが若干ガデ召還が多めだったかな?

カペは復活をN1・S6に建設して押せ押せモード。
対するプロキはPHから両方向を迎撃しつつ、一部がカペ主力をぬけて復活&ガデ破壊に向かいます。
AF-Cは落ちたり落としたり、OFも一時的に占領したりと全体に影響の少ない変化しか起こらず。
我々防衛PTもOF側から迂回してS6復活を狙うなどの工夫をしますが、途中のエクゼ部隊に阻まれ目的を達成できません。
そうこうするうちにPH前では プロキがひたすらホイホイされて敵軍スコア差が離されていくばかり。


◆終盤

多大な犠牲を払いつつもN1に続いてS6復活を破壊。
残り時間も15分を過ぎたところで拠点を落としにかかり始めます。
PHを出発し、AF→W10からCへ。
バリアーが残りミリのところでガデを召還されたため結構な時間をCで食うことになりました。

他のさまざまな要素を排除して考えれば、ここのガデ破壊時間と中盤以降の敵軍破壊スコア差が勝負をきめた主要素といえるでしょう。




◆いろんな総括

まず今回の防衛PTの動きについて。
前回同様に遊撃PTとして動いてみました。
初動HQ占領の成否はPTとしての地力の差でしょうね。
EVIL組かアゲント組に行ってもらったほうがよかったかもしれません。
素直に反省。

中盤以降もPTメンバーが2.3人にばらけてしまい全員が纏まることがなかなかできず。
助っ人が2人混じっていたとかには関係なく、遊撃PTとして動けてなかったのがむなしい・・・
エクゼでメンバーが止められまくってたのも要因で、称号持ちが少ないPTの欠点をさらけ出す結果となってしまいました。
次からはきちんと7人揃って行動したいですね。


プロキ全体の総括としては某カペの方から良いアドバイスを頂きました。

「戦争は勝つために拠点を占領したり、建設を破壊したりしなければならない。
 そのためには敵を排除する・・・すなわちKILL(対人)をすることも必要である。
 いまのプロキは必要要素としての対人より、対人をするための対人しか考えていないように見える。」

オイラはこんなふうにまとめて物事を伝えるのが苦手なので、そのままそっくり引用させていただきましたw
今日のS6ホイホイの様子がまさにコレ。普段の復活拠点前もこんな感じですね。
ここだけでも直すことができれば まだまだプロキは強いはず・・・





以下ちょっと恥ずかしい話。
今日のプロキ側で参加した人だけわかる内容ですー。


上記内容と若干絡むのですが、戦争終了後ロビーでの内容について少し。

お互いの見解の相違ってやつでしょうか。
他参加者の方からお叱りを頂きました。
まとめてみるとこんなだと思います。


~相手側主張~
とにかくS6に復活があるのはまずい。
純粋にまずいのだから全員で潰しにいくことは出来ないのか?
というか反対ばっかしてないでまずは行動しろ、自分らだけ仕事してるみたいに言うな。

~こちら側主張(というかオイラの主義)~
プロキ全員にこちらの望む行動をとらせることは実質不可能(だと思う)。
戦争勝利意欲のある固定PT層が特殊作業を全て行うべき。
当然そのPT内での連携はいうまでもない。
S6復活は固定PTで破壊すべき仕事じゃないのか?



見ての通り、同じラインで話が進んでないですね(・ω・;)
微妙に違うポイントについて話してます。
そんときは顔真っ赤状態だったのですが、頭冷やしてみたら意見が合わない理由もわかりますw
相手さんはただS6復活を破壊したいって話してるだけです。


これは全くの個人的考えなんですけどね、
大抵の参加者の人って、別にプロキが勝とうが負けようがどうでもいいやって考えてるんだと思うんですよ。
あるいは純粋に対人が楽しめれば勝ち負けはこだわらないとか。
そういうのを否定する権利はオイラにはない、ならどうやって勝つかを考える→固定PTが全部背負う。
・・・という感じ。
だから別に全員でS6を攻めるのに反対したいわけじゃなくて、そういった色々な考えの全員で動くこと自体とてつもなく難しいことなんじゃないかと思ったわけです。

でも固定PTが全部仕事するってのも押し付けなんですよね・・・そこが見えてなかった。

別のある人の言葉を借りれば
「戦争なんて自由に楽しんでやればいい」
ってことです。
本来我々が指針を強制するもんじゃないですね。

たしかに最近は防衛PTとして仕事してるのに~的な慢心もあったと思います。
正直眼の覚める思いっていうんでしょうか。
今一度、協力して動くということの意味を考え直したい次第です。
以上、反省&言い訳でした。gdgdで申し訳ない。

明日からは建設的な提案をしていけるように頑張ります!!


◆おまけ

「戦争なんて自由に楽しんでやればいい」
っていってくれた人に言われたもう一言。

「ブログで言ってることが一周して元に戻ってんぞ。本来指示なんてそんな繊細にするもんじゃない。」

まさしくごもっとも。
ここは見てくれているらしいので改めてこの場でお礼をばm(_ _)m

7月1日22時戦結果

6月30日は爆睡してて不参加でした(´∀`;)
でもハンデ+15%で負けてるってどういうこと・・・


そんなわけで今回はハンデ+20%戦の結果です↓

7月1日22時戦スコア

7月1日22時戦MAP

ハンデ+20% 45人規模戦 プロキ勝利
防衛PTメンバーは WR×3 WIZ×2 FB FA の計7名でした。

予想外のハンデですが、6/30の結果を聞く限り下手をすると負けそうな雰囲気がただよう開始前ロビー。
PTメンバーの提案で いつもの仕返し(?)に初動はCHQを襲撃してみようということに・・・
たまには防衛PTが攻めてみても面白いんじゃない?っていう(`・ω・´)


◆初動

AFとNを抜けてCHQへ。
AF側小ゲートをブチ開けて真っ先に復活を破壊します。
これで一時的にカペは復活なしの状態に。
防衛&復活再建のためか、PH攻撃部隊がCHに引き返してくれるというおまけ付きでした。
まあ自分はNラインでエクゼ喰らいまくってボコボコ×2でしたがorz

AF・C・中拠点も初動はしっかり抑えることが出来たため 初動はこれ以上ないくらいの大勝だったと思います。


◆中盤

とにかくPTで団体行動をすることを心がけます。
そのときの状況次第でAF・C・PH・OFで待ち合わせつつ、デバフFTを建てて拠点要塞化。
マテ2のCTの問題もあるので その間にWIZは拠点偵察・それ以外はワープ建設などに精を出していました。

そしてタイミングをあわせてCHQに再アタック!
偶然他PTともタイミングが合ったので上手く復活破壊を完遂することが出来ました。
あとちょっとのところで基地占領出来なかったのが惜しいところ。
これでカペは再び復活なしの状態に。


◆終盤

各大拠点にワープを建設し終えてカペ主力の動向を見守ります。
PTメンバーの偵察報告から予想進路先へ集合、防衛をするのが主な活動でした。
あとは囮の建設で注意を引きつけたりとか・・・

カペ側は度々集団で拠点を落としにかかり、その際に多数の復活FTが破壊されます。
こちらも何度かCHへアタックをかけましたが、中盤以降は防衛人数が増えすぎてゲートを開けることすら難しかったですね。
OFで主力同士がぶつかっていたので展開としては安定状況が維持されていました。

最終盤はOFとNでカペに蓋をする格好に。
さすがにこの人数差では一方的になるのはやむを得ないでしょう。

結果としては時間切れまで終始押し続けての勝利。
中盤にCHQを落とすまでいっていればコールドもあったかもしれませんね。





◆いつもの総括

今回もスコアを参考にみていきます。
敵軍破壊スコアに関してはあとに回しましょう。
ガデ破壊スコアは及第点。
ちらほら必要のないガデを見た気がするので今後とも注意が必要ですね。

問題はFT関連スコア。
残留FTスコアが異常に高いのを見てもらえるとわかりますが 明らかに復活の建てすぎですね・・・
一時的にですが N12・AF・C・E4・S6・PH の全てに復活が存在していました。
いくら人数と初動スコアが有利とはいえ、何かの間違いで拠点状況がひっくり返ったら大変なことになります。
具体的に言えば E4・N12復活は不必要な復活ですね。
S6があればE4はいらないし、N12はまず守れない位置ですから。

とはいえN12復活は状況次第では良策となる場合もあります。
スコア上の圧倒的有利が保証されているのであれば、カペをNに引きつける効果はFT破壊スコアを献上しても十分なものです。
・・・ただの時間稼ぎという言い方をしてもいいですけどねw
復活の建設は計画的に!


で 後回しにしていた敵軍破壊スコアなんですが・・・
この数字があらわしていることはただ一つ。

プロキは集団戦が下手(´・ω・`)

特に攻めることに関してがどうしようもないです。
終盤のOF攻略時が良い例でしょうね。
相当な人数がホイホイの餌食になっていたはず。
それ以外の場合をみても、同数でぶつかるとほぼプロキが負けているようです。
カペ側はKILLをとることを優先しつつも KILLされないことを念頭において行動できています。
数的不利を見ると一斉に下がっていくのは見事としか言えません。

PT単位でうごけるプロキがどれだけいることか・・・

行動に一貫性が欠けるところもプロキの悪いところですね。
敵の集団を見かけると戦わずにはいられないところが悲しい(´・ω・`)
戦う前に今一度、何をしに来たのかを考えませんか?

この集団戦話・・・何回目だろ(´∀`;)




以降は防衛PT的総括。
今回は普段守りと偵察に生かしている連携行動を攻撃方向に使ってみました。

んで、考えたことは3つ。

一つ、積極的攻撃(主に建築物破壊活動)をしながらでも裏方はある程度可能。
二つ、HQ戦の成果は防衛FB数次第。
三つ、(破壊活動時に)団体行動をする上で称号はさほど重要ではない。


一つ目はマテのCT待ちや死んでから集合するまでの時間利用としての話。
ただし復活建設・建設護衛などの拠点防衛行動には不向き。
何より建設したあと拠点を空けるのでアフターケア皆無だし。

二つ目はある程度のFBがいないとトドメが刺せない、つまり防衛PTのFB数では守るのは不利ってことです。
7人のカペがPHにくるのを7人で防衛するより、その守る7人でCH攻略をしたほうが全体としては同条件に持ち込めるんじゃないか?という仮説。

三つ目は前衛と後衛の連携がとれているPTは攻める時強いっていう話。
マテオライミュWRが突撃して後衛がフォローすれば守護称号なんて関係ない(・∀・)
そりゃあったほうが良いに決まってるけど、称号がとれない層でも活躍できるよ!っていうこと。


そんな感じに防衛PTの遊撃方面利用という新しい選択肢をみせてくれた戦いでした。
今のところ防衛メンバーはMAXでも9~10名ほどですが、これ以上増えそうなら2PTに分けるということも考えています。
固定メンバーを持たない野良の方は特に歓迎ですね(^ω^ )
これからもプロキで勝っていきたい方は是非参加してもらいたいなあ。


今日もお疲れ様でした(・∀・)ノシ




◆おまけ

露伴レベル4

露伴がレベル4になったけどゴミOP(´・ω:;.:...
プロフィール

アストラルぽしょーん

Author:アストラルぽしょーん



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。