スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月29日22時戦結果

一つ問題を解決するたびに新たな問題が・・・(・ω・;)
どうも まっつーです(・∀・)


今回も頑張ってきましたよ!
まずは結果から。

6月29日22時スコア

6月29日22時MAP

ハンデ+10% 45人規模戦 プロキ敗北
防衛PTメンバーは WR×3 WIZ FB FA の計6名でした。
ちょっとウチのPTにWR偏りすぎだったかな・・・

では初動からの流れを解説していきましょう。
今回の防衛PTはPH防衛担当です(・∀・)


◆初動

PHカペを警戒してS6.7へ。
無事Sラインを押さえたところで、武神複数を含むカペPTと接敵。
常時応援いらずのLチャをしながら6人で対応していきます。

他の全部隊はきっちり初動取りにまわれたのでスコアはほぼ互角のスタートとなりました。


◆中盤

Sラインに人が来ないようにS7周辺でカペPTを撃退し続けます。
常時PHに戦力が投入されていたようで、7~10人ほどが延々とアタックをかけてきていました。
死に戻るたびにSラインに来ないようLチャしたお陰か、PH周辺は常時カペ以下の人数で押さえることに成功。
前線もAFからCとその周辺まで押さえれていたようですね。

ここまでは良かった・・・


今回のプロキはAFおよびC復活を建てなかったようで、次第に前線は押されてAFまで後退。
徐々にPHに押し寄せるカペの人数も増え気味になっていき、ついには2PTもの戦力に膨れ上がります。

ここで防衛PT痛恨のミス!
大ゲート前の乱戦中、小ゲートのカペを見逃してしまい復活を2本とも破壊されてしまいました。
急遽撃退して立て直しにかかりますが、復活修復などに目がいっている間に今度は大ゲートまで開放。
態勢の立て直しが出来ないレベルまで戦線が崩壊します。


◆終盤

AFやS6にもカペの復活が建設され、カペ猛攻により再び大ゲートが開放。
なんとか復活破壊を狙っていくものの勝敗はすでに明らか。

残り時間を消化するだけのスコア稼ぎ・殴り合い展開となり、プロキの大敗で幕を閉じました・・・





◆PH防衛視点での総括

当初の目的である「少人数(1PT以下)でPH防衛をすることで前線の数的有利を保証する」という内容はほぼ完璧に遂行できたと思います。
カペは序盤から中盤にかけて常時7~15人ほどの戦力を割いていたのでかなりの効果があったはず。
さすがに前線がAFまで押し込まれると支えきれなくなっていましたが・・・

今回の問題はここです。
ハンデ+10%、PH少数防衛で更に人数差に有利をつけている状態にもかかわらず前線が押し負けている・・・
これは明らかに異常なことですよ?
さまざまな複合的理由が考えられます。
前線復活がないとか集団戦をうまく行えていないとか。

PH防衛は適当にリポした人にまかせて 防衛PTも前に出たほうがいいんじゃないか?
そんな意見も頂きました。
加えて AF・Cでも建設をしてるのは武神他プロキの主力ばかりという話もちらほら。
単純にプロキの職構成の問題とも考えられますが・・・(前衛職少ないからねw

うーん、自由に出来るPTがもう一つあればPHも前線&裏方もできるのに!!
ロビーで野良の人から募集かけてみたけどこれ以上はなかなかあつまらん・・・
コツコツ声をかけていくしかないのかね(´・ω・`)


ちなみにトータルスコアは終盤の殴り合い展開のせいで全く参考になりません。
あえて言えば敵軍破壊がひどいよってくらい。

守りだけでなく攻めの基本からやり直さなきゃダメだねってことが判った試合でした!



◆おまけ

戦争のあと寺2いってきた。

トロロさん乙ルレ

なんて低レベルな争い・・・
そしてトロロさんは空気読みすぎだと思う(^ω^ )
勝利予告かっこいいです!!

(・∀・)ノシ
スポンサーサイト

6月28日22時戦結果

毎日がボロ負けに見えても、その実は全然違っていたりします。
まっつーです おはこんばんちわ(`・ω・´)


今日も元気にすすめていきましょう!

6月28日22時スコア

6月28日22時MAP

ハンデ+5% 45人規模戦 プロキ敗北
防衛PTメンバーが2名のみだったため、みしょーさんのPTに拾ってもらっての参加になりました。

それでは初動からの解説をば。


◆初動

PTメンバー全員でCへ。
他数PTが同行してくれたようです。
ちらちらMAPを見てましたが 中拠点が軒並みとられていた気がしますね・・・
初動差5000くらいはあった気がする・・・

序盤のCは 初動確保→一旦カペが占拠→即奪回で復活建設 の流れ。
復活は 武神PTと我々のPTの一部で同時に建設を開始。
オイラの方はばっちり妨害が入って潰されたものの、武神PT側の建設が無事に成功。
以降はCを中心にゲームを展開していくこととなります。


◆中盤

カペはAFとOFを占拠。
N復活建設→W10復活建設としてCにプレッシャーをかけます。
対してプロキはCで復活を守りながらワープも建設。
AFがない状態でもPHとの戦力移動が可能でした。

この間、カペはOFルートでのPH攻勢とE2・OFからのC攻勢で畳み掛けますがいずれも決定打とはならず。
初期のスコア差のまま油断のならない状態が持続する形に。

情勢が動いたのはPH復活の破壊から。
即座に再建しますが、その隙にCのワープFTが破壊。
プロキはプロキでN復活を破壊してW10復活に狙いをしぼります。


◆終盤

CプロキがW10カペとドンパチしていたころ。
PHが再度の侵入をうけます。
そして我々がW10復活を破壊するとほぼ同時にPH陥落の報が(・ω・;)

結局、これが決定打となりました。
プロキはOF・AF・E2からの攻撃でCに押し込められる形で時間切れ。

今回もトータルスコアだけで言えばボロ負けの形で幕を閉じました・・・



◆スコアおよび考察的な総括

今回は防衛PTを構成できなかったのでソロで裏方ってましたw
序盤Cでの復活建設では良い囮になれたと思います(・∀・)

スコアの方をみてみると、拠点スコア以外はほぼイーブンですね。
PHが落ちないくらいの戦力を都合することができたら良かったんですが・・・

敵軍破壊が負けているのはW10復活前でホイホイされた分でしょうね。
C前でホイホイした分が帳消しになってお釣りまで払ってるのが悲しいです。
一気に復活前まで攻め込んでしまえば良いってのはなかなか伝わらないなあ。


最近のプロキの悪い傾向として

・味方が多いところにしか行かない。
・対人優先で攻撃目標がみえていない。

っていうものがあります。
一つ目は復活建設やそれとない誘導である程度対処できるんですが・・・
問題は二つ目ですね。奥の復活を壊す目的があるにも関わらず、手前の迎撃部隊と全力で戦ってしまうという。
頼むから先にすすんでくれorz

PH防衛もスムーズに人員移動ができないことで失敗する局面が多いようですし・・・
本部防衛をしっかりしつつ、残り戦力をCに集中してそこから攻める形を作りたいもんです。
今回途中まで(ほぼ)理想形を維持できていたのは上々な展開と言っていいでしょう。
・・・ちょっとだけPH防衛数が足りなかったかな?

あとはFT破壊目的なのかKILL目的なのかをはっきり個人で認識出来るようになればっ(`・ω・´)
PH防衛と個人の目的意識。
そこらへんが今後一番の課題となっていくのでしょう。


それではまた明日に期待して(・∀・)ノシ

6月27日本戦結果

今週もワープ奪還ならず!!
今日から防衛PTのお仕事チェンジですよっと。

今回もまずはスコア&MAPから~。

6月27日本戦スコア

6月27日本戦MAP

本戦のためハンデなし 60人規模戦 プロキ敗北
防衛PT構成は WR×3 WIZ×2 FA FB の計7名でした。

それでは初動からの流れを見ていきましょう。


◆初動

今回の防衛目標拠点はPHQに設定。
初動はS6.7をとりに行ってPHQ襲撃に備えます。

S6.7のガデを殴って権限はとれたっぽいのですが・・・
なぜかカペに占領されてました(・ω・;)ナゼダ
オイラはガデ倒したところでちょうど死んだから占領に向かえずorz

当初の予定通り、PH襲撃に来たカペはPH-S7間で殲滅。
しかし他拠点をガッツリとられたようで初動差7000だったそうな・・・


◆中盤

PH襲撃に備え、AF-PH-S7間を防衛。
PHに余裕がある間はOF牽制およびAF防衛に向かいます。
度々PHが襲撃を受けますがゲートを破られることもなく無事に撃退できていました。

中盤戦の問題はPH-Sラインが人数過多になってAF-Cの人数が全く足りていなかったこと。
増援要請が常時行われていたのが残念。

途中でAFに復活が建設されたようですが、ほどなく消えてなくなっていました。
カペ側のN・OF復活も折れていたのでその辺だけを見れば五分なのかな・・・
この段階でのスコア差は約10000、初動分を考えなければほぼイーブンな展開でした。


◆終盤

度重なるカペの攻勢によりPH大ゲートが破られ、ゲート閉鎖までに復活2基が犠牲になります。
LチャでAFからのカウンターを促しますが効果はいまひとつ。

逆にSラインのカペにモリモリ釣られてPH前から人が減りません。
しまいには固定FT効果のない(むしろカペ側はある)場所に引きこまれてKILLされる始末。
そして気がつけばスコア差は20000まで広がっていました(´・ω・`)

そしてそのまま挽回はされることなくゲームセット。
圧倒的大差でカペの勝利となりました・・・



◆総括とか防衛PTの今後とか

まず初動がどうしようもなかったですね。
S6.7の権限があったのに占領できなかったのは予想外でした・・・
残念なことに他もボロボロだったようですが。

今回PH防衛を担当して思ったのは、Sラインのカペに釣られるプロキの異様な多さ。
基本 防衛PT面子はS-PH-AFに散って裏方&偵察しつつ、カペがきたらPH防衛にあたっていました。
今回はフルPTだったこともあって応援は特にいらない場面がほとんどでしたが・・・
カペが1~2PT来るたびに我々のPT以外にも10名以上が対応に参加していたんですよね。
しかも人数が増えてカペがSラインを引いていくとそのまま追撃、態勢を立て直されて逆に壊滅とあべこべな展開に。
う~ん 釣られすぎだ。

Sラインで常にごっそり釣られている状態のため AF-Cは常に人数不足(´・ω・`)
Lチャで常にSの人減らしを頑張ってはいたものの、効果薄だったのがあまりに残念。


普段PHの防衛人数が足りなくて復活が折れたり、拠点そのものが落ちたりしてるのになあ。
味方がいっぱいいてドンパチしてるとこでしか戦えない人が多いってことなんだろうか。
ちょっと落ち着いて自分の周りの人数を確認してみようかと言いたい。

SラインなんてS7だけあればいいんですよ。
今日のプロキ戦力配分をみていると、PHにカペPTが来るたびに全体の半分がS方面に釣られていました。
たった1~2PT相手に倍近い人員が釣られ・・・せっかくとったAF側が押し返される状態。
これではなんのためにPH防衛担当に残ったのかわかりません(´・ω・`)
安心して他が大人数でAF-Cの維持が出来るようにということであって、みんなでSラインいってオラオラするためじゃないです!
ちゃんと事前にロビーでLチャしたつもりだったけどダメなものはダメか。


とりあえず今後の防衛PT内目標。
PHをいかに効率よく防衛するかを経験で学ぶ。
↑単純にOF妨害とAF建設およびPHへの抜けの報告を同時にこなす練習のこと。
PH-Sから必要人員をどれだけ減らせるかが勝負。
どうしてもSラインから人が減らなければ また前線拠点防衛にまわるしかないんだろうけども。

しばらくはPH付近の防衛で頑張ってみようかと思います。



そういえば守護WRは前出てくれってのも言われたんですが・・・
今週は参加回数5回!!見事名無しになれたので堂々と裏方ができますね(^ω^ )
そろそろ「Lチャうぜぇ」とか「軍師気取りかよ うぜぇ」とか言われそうな雰囲気ですが、叩かれるまでは頑張りたいと思いますw
空気悪くするくらいなら戦争参加しないほうがマシですからね(´∀`;)
気に食わない方は遠慮なくおっしゃってくださいな(匿名可)。

それでは今日もお疲れ様でした(・∀・)ノシ

6月26日22時戦結果

なすすべがないとはまさにこのこと。
まっつーです おはこんばんちわ(´・ω・`)

25日22時は爆睡中で参加できませんでしたw
まあプロキが勝てたからいっか(・ω・;)


特に解説するべき内容もない日だったのですが・・・
いつも通りスコアとMAPからどうぞ。

6月26日22時スコア

6月26日22時MAP

ハンデなし 45人規模戦 プロキ敗北
防衛PT構成は WR×3 WIZ×2 FS FB と珍しくフルPTでした。

試合内容はボコボコでしたが解説だけでも頑張ってみますw


◆初動

把握している限りではC直2PT・W8直1PTだったようです。
ここでプロキ最初のミス。
C入り口でやらかしまして・・・1PT以上の人数がFエクゼにかかってかなり進行が遅れました。
ついでにオイラはエクゼ上掛けでさらに20秒ほど拘束されてましたorz

初動はそんな調子でヒイヒイだったのでスコアについてはよく覚えていません。
プロキが負けてたのは確かかな?

更にまずいことにPHが1PT(?)の襲撃をうけて復活を折られてしまいます。
かろうじてCの占拠は出来たのが不幸中の幸い。


◆中盤

PH復活再建をしつつ、Cに前線復活建造を開始。
PTメンバー全員で護衛態勢をとったものの 1PTの強襲を受けて失敗。

しかしこの段階でE3にこちらの復活が完成します。
・・・が、瞬時に破壊された上にCも陥落(´・ω・`)
一気にC→AF→PHと押し込まれる結果に。


◆終盤

カペの集団行動に対して、プロキはうまく纏まれずにボコボコ。
AFをとったりとられたり、PHに進入されたり。
一時はSライン復活まで建てられたものの、多大な犠牲をはらってこれを破壊。
そんなことをしているうちにスコア差がドンドン開いていったのでした。

最終的なカペの前線復活はN1とOFの2箇所だったようですね。
防衛PTでは主にN1復活を狙っていましたが、あまりに護衛FBの層が厚すぎて破壊はかなわず。
プロキの大半はPHまわりか隣接拠点手前で戦っていたようです。

内容的には終盤だけど 時間的には全体の半分以上を構成していたこの展開。
当然ながら最終結果は圧倒的大敗だったわけで。



◆スコアからみる反省

ガデスコアだけは頑張った。
無駄なガデは ほとんど出していないのが見て取れます。

しかしながら敵軍破壊とFT破壊がひどい。
FTはPHに侵入されて折られた分とE3でアッサリ折られた分。
こっちはほとんど折れてないのになあ・・・
特に敵軍破壊スコアなんて10000越えてますよ!!
どんだけホイホイされてるんですか(´・ω・`)

プロキはタイミングをあわせて攻め入るのも苦手なんだったな~
イレギュラーな攻めにも弱いし。


それにしてもカペのAF部隊とPH部隊の連携は素晴らしい。
Lチャかなんかで合わせてるんだろうけど、片側が押され始めるともう片方がしっかりフォローに入るんですよね。
お陰でこっちの主力はずっとあちこちフラフラさせられています。
そろそろ何か手を打たないとまずいなー



まあ明日は本戦なわけですが、防衛PTとして今までとは大きくやり方を変更しての参加となるでしょう。
拠点防衛ステップ2を跳ばして3ってとこかなw
やり方書いちゃうと明日まずいので本戦結果として書くとしよう(`・ω・´)


◆適当かつ個人的感想

今回の戦争でハッキリ学んだこと。
序盤の中拠点復活は維持できない。

復活があのタイミングで建たなければもっとまずいことになったかもしれない・・・
でも守れないタイミングでの復活建設は残念な結果になってしまうもんです。
建てる前に一考。建てたら死守。
もっとも、C復活ですらFBなしには守れないんですがね。




もうちょい色々書きたかったですが睡魔が限界です(´-ω-`)
すでに日本語を考えるのすら怪しくてですね、文章読み直しても頭にちっとも入りませんw
おとなしく寝るとしよう(^ω^ )
でわでわ(・∀・)ノシ

6月24日22時戦結果

ちょっとずつですがプロキを立て直そうという動きが見えてきたようです。
頑張れプロキ!頑張れニッポン!(違
まっつーです こんばんわ(・∀・)


それでは今回の流れ~

6月24日22時戦スコア

6月24日22時戦MAP

ハンデ+15% 約50対40戦 プロキ勝利
防衛PT構成は WR×2 WIZ×2 FA FS の計6名でした。

大ハンデで僅差勝利をどうとるべきか・・・
全体の流れと一緒に判断してみます。


◆初動

プロキはほぼ全軍でAFおよびCに進軍。
防衛PTはC直でしたがカペも相応の数をCに送り込んでいました。
とりあえず戦闘位置の注意をLチャで支持しつつKILLしたりされたり。
初動はスコアから計算する限りでは負けっぽいですね(´∀`;)

Cに復活を建てようかと思いましたが、AF復活が完成間近だったので序盤は建設挑戦せず。
なぜかデバフFT建設でも全力で潰しに来られるのでヒイヒイ言ってました(´・ω・`)


◆中盤

プロキはAF維持、カペはOF維持でお互いに復活を建てて基点とする流れ。
Cはとったりとられたり、主戦場になったり誰もいなくなったりでしたね。
防衛する拠点がAFしかないので、建設タイミング以外は復活破壊PTとして活動してました。

途中でカペはNに、プロキはSに復活を建設して両者折られ。
カペがE3に建てて折られるとプロキがW9に建てて折られる。
AFとOFもお互いに建てては折られてましたねw

中盤はプロキのFT破壊部隊がかなり仕事できていたようで、逆にカペは復活の折られすぎが敗因の一つとなったようです。


◆終盤

手薄だったCの復活を破壊すると同時に拠点自体も奪還に成功。
人数差を活かして AF防衛をしつつOFのFT破壊もしっかり出来ていたようですね。
防衛PT総出でC要塞化後はカペの最終攻勢を迎え撃ちます。

最後はちょっとCが危なかったですが、ギリギリで拠点を守り抜くことができました。

地味に終盤でAF復活建設を試みてましたがしっかり妨害されたという・・・



◆スコアからみる総括

正直に言ってハンデ15%もあるのに敵軍破壊が負けてることが不思議でならない。
ところどころ虐殺されてたからなー
防衛に人数まわしてたから前線が足りなかったとして・・・
やっぱり拠点落とす時の戦闘位置なのかなあ(´・ω・`)
復活破壊の経費ってのもあるから一概にダメとは言い切れないんだけどね。

今回はFT破壊スコアがものすごいです。
お互い建てた復活全部折られてるよね?
CHの復活折ったとかなんとかLチャがあった気がするから差はそれかな?

ガデスコア差は単純にカペが中拠点やらCでガデ召還しまくった結果だと思います。


復活の乱立は確実に負けに近づく自殺行為なんですが、今回はお互い積極的に建設して利用していましたね。
一応 相手の復活を壊した上で破壊されているので最小限の役目は果たしていたようです。

S・AF復活建設は、N・OF復活をメインに動いているカペにぶつける陣形であり、1本復活を折られる間に何本復活を折れるかの戦いともいえます。
もっとぶっちゃけて言えば防御をほとんど考えない殴り合いってやつです。
ハンデ分の数が多かったプロキが有利になる戦法をとっていたわけですね。

ハンデがなくなったときにSラインとAFで戦力バランスが取れるのか?
復活破壊スコア以上に被破壊スコアが大きくなるんじゃないか?
ちょっとそんなことが不安になった日でした。


さて、今回の純粋なプラスポイント。

一つ、AF・Cの駐留人数が一定数維持されていたこと。
二つ、AF→Cの侵攻ルートがしっかり取れていたこと。

C→AFの攻勢もしっかりしのげていましたし、その後のカウンターもしっかり出来ていたと思います。
「Nからの攻撃よりCからの攻撃が多かった→AF撃退後なんとなく追撃をしたらCを攻めれていた」
・・・こんなオチな気もしますが。

この基礎戦術が広まるまでどれくらいかかることやら(´∀`;)



戦争の勝敗には全く関係ないんですが・・・
今週7回参加できるか怪しくてですね、来週守護者とれない気がするんですよねw
代わりに守護をとるWRの方は是非!前線で頑張っていただきたい。
裏方に守護称号なんていらねーお・3・

では今日はこの辺で(・∀・)ノシ

6月23日22時戦結果

どもども(・∀・)ノ
3日ぶりの更新。
今回も容赦ない突っ込み日記になるのは間違いないのでお覚悟をw


それではスコア&MAPからどうぞ。

6月23日22時戦スコア

6月23日22時戦MAP

ハンデ+10% 45人規模戦 プロキ敗北
防衛PT構成は WR×2 WIZ FA の計4名でした。

ではいつも通り流れから見ていきましょう!


◆初動

いつも通り開幕はCへ。
予想通り、さほど大規模なぶつかり合いにはならず。
数に10%差があったというのに初動は互角の展開となったのが不思議・・・

兎にも角にも最序盤の段階でC復活建設を開始します。
最初はW9側に、時々ダミーを置いてE3側でやってみたり。
でもバッチリ潰される不思議(´・ω・`)


◆中盤

ひたすらC復活建設を成功させるために粘り続けます。
防衛PT総出で(といっても4人しかいないけど)護衛をしてもらいつつ、Lチャで常に援軍要請を出しつつ。
2回ほど完成しそうなタイミングがありましたが、
1回目はマテ2をしたPTに叩き潰され・・・2回目は拠点ごと落とされ・・・orz

CだけでなくAFやOFもとったりとられたりの状態が続いたため 終始Cは安定しませんでした。
時々カペもW9やNラインに復活を建てていたようですが、プロキ側もしっかり破壊は出来ていたようです。


◆終盤

ここ最近のいつもの流れ。
OFが戦力過多となり、プロキが一時的に占拠。
代償としてAF陥落→増援進路を断たれたCが壊滅という最悪の結果に。

以後も大拠点はどこも安定することがなく、防衛PTは拠点防衛を諦めC奪還に特攻を続けることとなりました。
そのまま試合はマラソンゲーの様相を呈し始め、最終的には固定スコアを多く稼ぐことができたカペ側の勝利となりました。


◆スコアからみる総括

拠点占領スコアを見て判るとおり、今回は大拠点が安定しない戦いとなりました。
その裏づけとして残留FTスコアもお互いに極小ですね。

FT破壊スコアと敵軍破壊スコアは合わせてみればギリギリイーブンにも見えますが、カペに人数ハンデがあったことを忘れてはいけません。
数字上は少し赤字、実際は大敗といってもいいでしょう。

結果的に命運をわけたのはガデ破壊スコア。
もちろんガデを召還しなければ勝てたというわけではありません。
一時的な防衛戦力不足、そのタイミングで落ちたら負け確の状態でやむを得ず召還ということもあります。
安定して増援がくるのならば 落とされても取り返すだけで十分ですが、OF戦力過多だった今日のような場合は仕方のない場面もあったかもしれません。
とは言っても破壊スコア6000はちょっと無視できる数字じゃないですね(´∀`;)
Lチャで地道に注意を促していきたいものです。



ハンデ+10%で接戦というのは正直泣けますね・・・
せめてLチャの応援要請だけでも聞いてもらえると楽になるんですが。
ここ数日で防衛PT以外の建設者がまた減少しているのも問題です。
カペ進行路の報告Lも少なく、早めに判ったとしても応援はほとんど来ない。
建設に成功しても拠点ごと落とされたり、ひどいときにはFTを壊されてから落とされるという最悪パターン(最近はそこにガデ破壊スコアのおまけ付き)。

まったく拠点を守れない状況なので 裏方としても仕事のやりようがないんですよね。
プロキ民に基礎戦略を体で覚えてもらう期間が再来したと思って頑張るしかないかな(´・ω・`)



◆おまけコーナー

--- なぜOFはダメでAFなのか ---

簡単に言ってしまえば到達までの時間です。
カペがCHを出てOFに着くまでの時間、プロキがPHを出てOFにつくまでの時間。
大雑把に1.5倍移動時間がかかるとします。

OFの戦闘でカペとプロキが同数ずつ死んでいくとしたら、同戦力をキープするにはカペ以上の数を送り続けなくてはなりません。
移動時間1.5倍なら数も1.5倍は必要ですね。
さらにデバフFTが建っていれば 計算はますますカペに有利になりますね。
更にOFに大戦力を向けている以上、プロキのAF-Cはどうしても手薄になります。
少ない戦力で二つも拠点を維持しているわけですから。

カペとしてはOF防衛以外の戦力をまとめて、AFとCを各個に落とせばOFも挟み撃ちにできるボーナスゲーム状態。
圧倒的数差で敵軍破壊スコアを稼ぎつつ、あせったガデ召還があれば追加スコアも獲得。
拠点を取り返されても固定スコア部分には影響なしという・・・恐るべし。


残念なことに攻めの技術に関しては カペ>>プロキ なんですよね・・・
例え真似しようと思ってみても、プロキでカペと同じ戦術をとるのは不可能だとおもいます(なぜならあんな数が纏まって綺麗に動けない)。

プロキの攻めのなにがダメか。
・拠点攻略の際の戦う位置が拠点内部でない時点で論外。
・OFやAFを落とした後、Cではなく中拠点に向かう。
・倒すべき敵・落とすべき拠点の優先順位がつけれていない。

最近は初動で落としたCを守りきれなかった場合ほぼ負け戦になっています。
なぜなら防御の固まった拠点を落とすだけの統制がないから。


愚痴を言い始めるときりがないですね(´・ω・`)
まあそんな感じですw
ちょっと心折れ気味ですがもうしばらく頑張っていきたいと思います!




◆おまけ2

ギルメンと城にいったらいいものでたよ!

ライカクリダメ17

計算してみたらラピクリダメ30のが強い気がしてきたorz
率部分がせめて増幅なら・・・
でもいい武器でると嬉しいよね(・∀・)

これからもいい武器狙ってちょくちょくいこっかな(^ω^ )

昨日と今日分の記事

ちょっとリアル事情により戦争出れてないので記事がかけませぬ(´・ω・`)

明日以降は普通に戻ると思うのでよろしく。


そろそろ防衛戦略C編書こうかなって思ってます。
下書きその他もろもろも容易せねば・・・

昨日はイン自体してないので記事も特に書くことなし!
ということでまた明日(・∀・)ノシ

6月20日本戦結果

ついにプロキ連勝タイムが終わってしまった・・・
しばらくはカペのターンになりそうな感じですね(´・ω・`)
最近は愚痴日記になりつつあるので気分を害された方が居たら申し訳ないorz


それでは本戦の様子を書いていこうと思います!

6月20日本戦スコア

6月20日本戦MAP

日曜本戦のためハンデなし 50人規模戦 プロキ敗北・・・ 
防衛PT構成は WR×2 WIZ FA FB の5名でした。

初動からの流れは以下↓


◆初動

プロキは本隊を二つにわけて進軍。
主力A:アゲント組がE4方面
主力B:武神組・防衛PT他多数がC直
別働隊:E2方面

これが微妙に失敗だったらしく、
E2方面軍は当たり負け、E4方面軍は敵とかち合わず、Cは権限をとれたものの壊滅。
なんとか各方面からの増援でCを立て直したところで序盤戦は落ち着きました。

それでも初動は若干負けで済んだかな?


◆中盤

防衛PTでC要塞化を試みたものの 定期的な1~2PTの妨害で上手くいかず。
カペがAF・OFに圧力をかけているため、Cへの増援がほとんど来ない厳しい戦いとなりました。
とりあえずCが落ちると総崩れになる可能性が高いので復活建設を急ぎます。

・・・が、結局復活が建つことはなくCは所有国家が度々変わる状態に。

こちらも大分粘りましたが 何回目かの大規模攻勢に耐え切れずC方面軍が完全に壊滅。
そしてそのまま試合の流れを決定付ける形となってしまいました。

この後、幾度となくAFからカウンターでのC奪還を試みるも戦力が揃わず失敗。


◆終盤

AF側に全く戦力が集まらないことで方針変更。
別部隊の提案でOFからCへのルート切り替えを行います。

しかしこの策もAFとOF両方を失う形で失敗におわりました。

何度かAFやOFを落とす展開もありましたがすぐにカウンターで取られる始末。
建設してもすぐ落ちるから意味なさ過ぎた(´・ω・`)
結局落ちた拠点を取り戻すことが出来ないまま時間だけが過ぎて試合終了・・・



◆スコアから見た・・・だけじゃない総括

スコアだけだといつもの内容とかぶるのでw
まずは現状のカペとプロキの戦略について。

:カペ:
基本的に統制のとれた大部隊行動を行う。
建設妨害用FS部隊をCに送ることでプロキ前線復活を許さない。
大拠点への攻撃の際はかならず大集団で移動し、プロキ主力に揺さぶりをかけている。
基本的な復活建設位置はN12・N1・OF、稀にE3・W9など。
初動~中盤のPH強襲に長けている。
全体的に復活を折られても占領拠点を増やして勝つ戦法をとることが多い。

:プロキ:
1PT単位での団体行動に長ける。
同時多方面攻撃は苦手であり、AF-C・C-OFなどの単一ルート侵攻を得意とする。
特に復活FT破壊をスコア源とし、拠点を守ることでゲームを作る傾向がある。
基本的な復活建設位置はC・AF、稀にS6など。
ガデ破壊スコアや敵軍破壊スコアなどの固定スコア差を増やして勝つ戦法をとることが多い。


こんな感じ。
で、こっからがなんで最近負けてるかっていう個人的分析。

まずプロキはAF・OF同時戦闘が苦手。すごく苦手。
大抵はOFに戦力が偏った挙句、AFとCが落ちてOFも維持できなくて終わる。
逆にカペはこの辺がうまいんだよなー(´・ω・`)
大部隊で拠点落とした後はKILLスコア稼いで、増援がきたらサッと下がるっていうね。

プロキが得意なのは、戦力の一点集中による拠点維持だから上記みたいな形になるとしんどい。
今までのプロキはそれがちゃんと出来てたんですな。
Cに戦力集中して、そっからAFとOFに戦力送って作業するっていう形です。

対して現状は・・・
S-OFに戦力集中してAF-Cは1PTずつ残して放置。
AFやCからの応援要請があってもOFからは間に合わないから手遅れになる。
しかも中途半端に戦力が向かうから、そのタイミングでOFは押し返される。
その繰り返しです(´・ω・`)
一番問題なのが、侵攻ルートがC→OFではなく PH→OFってところ。
C→OFなら引き返せばC応援に戻れますが、PHからだと無理ってことですね。

Cが落ちるとAFを守ることは余計に困難となり、ジリ貧になって負けてしまうわけです。
Cが落ちた段階で十分な初動差や固定スコア差があれば じっくり構えて立て直しもきくんですがね・・・
もちろんOFに戦力を取られすぎなければって前提で。



・・・前置きが長くなりすぎましたね。

サクッと言っちゃえば今日の負けはこの前置きの内容の積み重ねです。
そもそもS→OFが増えたのってアレですね。
カペが序盤にPH襲撃→そのまま立て直しできずに負け・・・これを決められてからですね。
PH奇襲対策の結果、OF方面軍がPHからOFへ進むという形になったんだと思います。

もちろん指揮系統の混乱も要因の一つではありますが・・・
プロキ全体の視点を一方向にそろえてあげることが今一番求められているんじゃないでしょうか。


全然総括になってないけど総括おわり(´∀`;)
来週こそは頑張りましょう!!



◆おまけ

戦争おわって寺2にいったら・・・

寺2戦ブレ1s

フルPTでまったり6ボスコース。
しかも お小遣いゲット(・∀・)

誘ってもらえてよかった(^ω^ )

6月19日22時戦結果

今日の俺はついている!!
まっつーです こんばんわ(^ω^ )


とりあえずは22時戦の結果からいきましょうか。

6月19日22時スコア

6月19日22時MAP

ハンデ+10% 40人規模戦 今日も敗北
防衛PTメンバー不足のため武神PTに合流での参加

今回はサッカーの影響か人が少なかったですねー(´・ω・`)

続いて内容の解説に入りましょう。


◆初動

初動はCへ。
ハンデ+10%だった割には戦力不足で押される展開になり易かった気がします。
AFとOFで主力が頑張っていたからだと信じたい。

序盤からC復活建設を狙っていきますが、しっかり妨害がくることもあって上手くいかず。
しかたないので地道に攻撃ダウンFTを建てつつ Cの防衛にあたっていました。
初動スコア自体は五分だったかな?


◆中盤

Cから見る限り、カペはOFかAFかどちらか片方に戦力を集中させて一気にCへ侵攻を繰り返していたように思います。
対してプロキはどちらかが攻められる度に主力が振り回されていました。
AFを落とされては落とし、OFを攻めては落とし落とされ(´・ω・`)

正確なタイミングは判りませんが、このへんでAF復活が建てられていたはず・・・
主力が大きく移動を続けたためにCの防衛も終始安定せず。

散発的な中規模攻撃をうけつつ防衛戦力不足が目に付いた為、独断でCガデを召還することに。
瞬間的な陥落を避けつつカペの目線を定めさせようという腹積もりでした。
そういう意味で半分くらいは目論見通りにいってたのかなあ。


◆終盤

プロキの目線がAF復活維持とOFに向いている間にCが大規模な強襲を受けます。
一旦撃退後のカウンターとすれ違うように再び強襲。
これでCが陥落し中拠点も次々に落ちていきます。
AF復活も最終的に破壊されスコアは僅差に。

最終的にはカペ集団の中拠点落としに対して、プロキは全く拠点を落とすことができずに終了。

最後に纏まって動けてれば勝てた試合でした・・・
てか何でハンデ10%で負けるんだろう(´・ω・`)


◆スコアから見る総括

まずは敵軍破壊スコアから。
約1.5倍で負けてますね。
OFを無理に守ろうとした弊害の一つがこれ。
本来OFは建設妨害できる戦力があれば十分なんですが、最近は完全に落としに行ってますからね。

人がいない落とせそう→応援きたけどあとちょっと→落としたけどいっぱいKILLされてスコアマズー→AFとC襲われてるけど遠くていけないアウアウ

ほんとこの展開やめて・・・

次にFT破壊スコア。
お互いに無駄な復活建設が減ってきているのが良くわかるスコアです。
OFにあれだけのプレッシャーをかけたいなら、なんとしてもCに復活を建てたいところですが・・・
まあ今回は防衛PTがなかったから仕方ない(´・ω・`)
とどめに報告Lも少なくて状況も見えない(´・ω・`)

他スコアは及第点ですね。
悪くない感じです。


最近のプロキはただなんとなく攻めてるだけ、報告Lも他がやってくれる、そんな空気が流れてます。
AFとOFに振り回されて、中盤以降に要のCが落とされると一気に崩れる負けパターン。
固定PTで細かく仕事をやり続けてきた弊害なんだろうか(・ω・;)
こんなんで今日の本戦大丈夫かな・・・



◆おまけ

戦争後に気晴らしのシエナ2(`・ω・´)
余ったチケ消費を兼ねてだったのですが・・・

ベルトオブダンプ+3~シエナ2にて

おーw
これは美味い!!



ここで俺は思ったわけですよ。
「今日の俺はいけてる」「もう一回行くべき」
ということであまり乗り気でない毛さんを引きずって再びシエナ2へ。

ヴァンプ耳+6~シエナ2にて

フヘヘヘ(^ω^ )
これでまた製造ができるぜ・・・


ちょっとだけダンジョン三昧生活してた頃を思い出してニンマリしてたオイラでした(・∀・)

6月18日22時戦結果

面子が安定しないと辛いなあ・・・
まっつーです こんばんわ(´・ω・`)


とりあえずいつも通りスコアとMAPから~

6月18日22時スコア

6月18日22時MAP

ハンデ+5% 45人規模戦 プロキ敗北(´・ω・`)
今回の防衛PTは WIZ×3 WR FA FB の6名。
うち1人は臨時メンバー、2人はアゲント組からの派遣メンバーでした。

それでは流れをば・・・


◆初動

今回は初動予定報告も特にないまま開始(・ω・;)
なんとも不安な雲行き・・・
防衛PT組はとりあえずC直、カペの2PTほどとぶつかって壊滅するも権限は確保することに成功しました。
しかし中拠点で押し負けて初動大敗という結果に。

序盤の攻防の中、武神組がAF復活を建設していたのを中止してもらいC復活建設に切り替えます。
これは無事に成功したのですが・・・


◆中盤

Cに味方が少なく、C復活からのリポもまばら・・・
どうも人の流れがおかしい。
この辺りでSラインに人が釣られすぎな予感がし始めます(´・ω・`)

とりあえず防衛PTの仕事をしなければならないのでそちらを優先。
中拠点にFTを建設し、復活にやってくるカペPTを迎撃する。
本当はOFやAFも見に行きたかったのですが状況的に不安要素が多すぎてCから離れられず。

カペもN12やOFに復活を建設し攻勢をかけてきます。
そしてC復活防衛からOFへのカウンタータイミングで側面をつかれC復活折れ。
急いで再建を図るもそのまま押し切られてC陥落、同時にAFも陥落してしまいます。


◆終盤

AFを取り返し復活を建設、N12復活破壊とC奪還を目指します。
これに対してカペはW9復活で対抗する形となりました。

もうこの辺りになるとプロキ側は戦意喪失で復活は折れない、戦線も上がらないでダラダラ時間だけが過ぎていく・・・

そしてそのまま時間切れで終了でした。



◆スコアからみる総括

今回スコアから言えることは特にありません。

あえていえば敵軍破壊スコアの数字。
自陣寄りで戦っていたはずなのに負けている・・・
戦力配分がうまくいかず、攻め手が各個撃破された結果だと思ってください。

序盤から中盤にかけてSラインで相当数のプロキがホイホイされていたようです。
PHリポでOFに攻撃をかけていたようですが、結果としてSラインに戦力が過剰となりAF・Cが手薄になりました。
PH襲撃されたあとの戦力再配分が現状プロキの弱点なんでしょうね。
C復活からのリポが少ないとそのへん解り易い・・・

どうせSいくんなら一気に突破してOF行けばいいのに(´・ω・`)


ちなみに今回の敗因の間接的要因として現場指揮官の不足があげられます。
戦力過剰のときにLチャで他への応援を支持できる人ですね。
各拠点状況の定期的な報告なども仕事にふくまれるのですが、この層が少ない日はLチャが極端に減るのですぐ判ります。
戦場の全員が状況を判断して動くというのはほぼ不可能ですからねぇ(´・ω・`)

ゆくゆくは防衛PT参加者全員をLチャできるレベルまで育て上げていきたいなあ(´∀`*)



今日は最後にC復活防衛の落とし穴を一つ。

C復活破壊経路

青がプロキ進行路、赤がカペ進行路、緑が復活FTです。

今日の中盤にCの復活が折られた仕組みなんですが、
Cからカペを追い出す→カウンターでOF・W8へ向かう→カペは回り込んでE3から復活へ
ミニMAPでE3へ向かうカペを見つけて引き返しましたが他が間に合わずに防衛失敗・・・

これはE3にかぎらずW9側も起こりうることです。
ミニMAPで周囲の状況は常にチェックするようにしたいですね。


なんか簡単すぎて当たり前のことに見えますけど意外とできないもんです。
MAPとミニMAPを常に確認するのが戦争通の第一歩(^ω^ )

それとFTがミリでも減ってたらすぐに修理をするように心がけましょう!
自分ひとりしかいなくても周りにいっぱいいても・・・まずは修理。コレ大事。


本戦で確実に勝つためにも、平日22時戦でしっかり練習していきまっしょい!!



それではこの辺で(・∀・)ノシ

リンクについて

一応書いといた方がいいと思ったので。

オイラはリンク追加の際に記事で紹介してません。
ほんとはしたほうがいいのわかってるけど面倒くs(ry
気が向いたら紹介記事書くかもですがw

でも相互リンクは大歓迎ですし、勝手にリンクされちゃってもかまいません(^ω^ )
「リンクしたからお前もリンクしろやー」とかあったらWISなりコメなり残してくれれば対応いたします(`・ω・´)


そんだけ(・∀・)

6月17日22時戦結果

団結するって大事だね!
まっつーです こんばんは(`・ω・´)


ちょっと今日からプロキのPT構成が変わりました。
今回はそのへんも触れつつ書いていきたいと思います。

それではスコアから↓

6月17日22時スコア

6月17日22時MAP

ハンデ+15% 約50対40 当たり前だけど圧勝!
今回の防衛PT構成は WR×2 WIZ×2 FA FB FS の7人PTでした。


そしてプロキ攻守PT連携策の一環として、wat-yさんが防衛PTに派遣されていました。
なんだかプロキの一体感が増している気がするよ!!

今回連携をとったのはおよそ4PT分。
アゲント連合PT×2 Evil連合PT(武神PTともいう)×1 防衛PT×1
戦場の半分が相互にフォローし合う形。
これは強い(`・ω・´)

それではさっそく流れを解説していきましょう。


◆初動

今回のカペは予想通りPHとAFに戦力を分けたようです。
まあペナ15%もあったらどうしようもない罠w

こちらは事前の取り決めどおり、
Evil組がOF・アゲント組がAF&PH・防衛組がC と展開。
AFとPH以外にカペはほぼゼロ。
そんなわけで、今回は要塞化より先にC復活を最速で建設してみました。
FB組の働きでしっかり護衛してもらいつつ、Cを前線拠点として固めていきます。

対策を立てていたお陰か、今回はPHもしっかりしのげたようです。
しかも初動は大勝。

◆中盤

Cは連絡役を常に一人残しつつ周辺中拠点のFT建設をすすめます。
AFとOFにも指揮層のPTメンバーがいるので戦場全体の把握が完璧でした。
お互いに適時増援を派遣しつつ防衛していく感じ。
空の拠点もウチのPTから偵察要員を飛ばすようにしてました。

途中、一時的にOFにもこちらの復活が建ったようですが すぐに折られてましたね。
とはいえ十分にオトリとして機能していたし、あれくらいのスコア差があれば問題ないとおもいます。


◆終盤

時々CやPHへ抜けるメンバーは全て報告Lで早期対策。
AF側はNライン~AF前で、OF側は拠点前でしっかり防御。
固定FTの効果圏内で戦うようにしていたので更に有利でしたね。

かなりの大差がついてカペ側も諦めモードになっていたようです。
最後の数分でOFからのマラソンを行ったようですが、W9でこちらも迎撃・撃退したところで時間切れとなりました。


◆スコアからみる総括

今回は15%ものプラスハンデがあったので勝ったのも当たり前といえば当たり前なんですけどね。
一応、考察はしておこうと思います。

まず敵軍破壊。
今回も約1.5倍のスコアです。
OF組・AF組ともに固定FTの力を有効活用していた成果の一つでしょう。
今回から攻撃系FT以外も意識して建てていたのも少しあるかな?
あとは純粋に全体数の差によるものでしょう。

FT破壊スコアもガデ破壊スコアも許容範囲内ですね。
残留FTスコアも素晴らしいと思います(・∀・)

今回は初動が大勝だったことでかなり余裕のある戦いができました。
次回以降もこの調子で頑張っていきましょう!!




今回のまとめ。

初の「アグレッシブ攻守PT間連携」作戦。
やはり武神PTを前線拠点に配置できるのは大きい。
PH防衛はアゲント組がスペシャリストすぐる。
防衛PTはスコアが乙りまくってたけど、ドM集団だから問題なかった(^ω^ )

あとはカペがAFとCに同時大戦力を投入したときの対応ができれば完璧かなー。
個人的目標としては、少人数で大拠点防衛をするための建設パターンもしっかり研究したいと思います。
FT建設(特に携帯FT)に関してはえす子さんがプロフェッショナル過ぎて惚れそう(´Д`)


今回はそんな感じで。
お疲れ様でした(・∀・)ノシ

6月16日22時戦結果

最近戦争が盛り上がってた気がするよ!
まっつーです こんばんは(`・ω・´)

今回リアル事情で文章を練る時間がない(´・ω:;.:...
結果だけサラッと書きますね。


6月16日22時戦スコア

ハンデ+10% 45人規模戦 20分残してのコールド負け・・・
防衛PT2名のため たか!さんのPTと合流しての参加でした。


今日もフルボッコだったんですよねー(´・ω・`)
ちょっとこのままじゃまずいってことで攻撃担当PTの方々と話をしました。
次回以降ちょっと変化したプロキをお見せできるかもしれません(・∀・)

とりあえず wat-yさんとフレできたヽ(´∀`)ノ ワチョーイ

それと今回一つだけ書いておきたいこと!
防衛&護衛担当FB少なすぎ(´・ω・`)
マジでFB募集中。 


◆おまけ

寺ソロいってたらこんなのでた。

ガードベルト+4

バイタルに続いて2個目のベルト・・・だけど安い(´∀`;)



それではまた明日(・∀・)ノシ

6月15日22時戦結果

日本勝ったけどatanoさんはいつ結婚するんだろう・・・
↑わかる人だけわかってくださいw


まっつーです こんばんわ(`・ω・´)
今日も張り切ってレポートしていきますよっ!
まずは結果から。

6月15日22時戦スコア

人数はプロキが+5% 45人規模戦 プロキの2連敗・・・
今回の防衛PTは4人 WR WIZ FB FA 各1名ずつでした。

MAPはSSとり忘れw
中盤以降フルボッコだったのだけは確かだ(´∀`;)
どんな感じだったのかは以下をどうぞ。


◆初動

攻撃担当PTとともにCへ直行。
今回は一般兵さんたちのPTがAFを担当してくれたようです。
AFを落とすと同時に要塞化→復活建設とのLチャ報告が入り、我々はCの要塞化を続けることにしました。
対してカペはNラインに復活を建設し、N→AF・OF→Cへの攻勢が続きます。

序盤のプロキはAF復活を基盤に戦う感じだったかな。


◆中盤

今回もカペはC攻撃を散発的には行わず、必ず20人以上で行っていました。
1回目の攻勢は、拠点を落とされたものの即奪回しFTを再建。
2回目の攻勢はこちらの人数が足りずに壊滅→そのままAFになだれ込まれます。

これによってAFの復活も消失。
一方のカペはNとE3の復活からAFに戦力を継続投入出来る状態に・・・


◆終盤

N12復活の破壊をするもN1に再建され、E3復活は投入戦力の足並みが揃わず折ることが出来ず(´・ω・`)
最後の10分あたりでAFからのマラソンを試みるも、中拠点前でホイホイされてスコアを稼がれただけ。

そしてそのまま時間だけが過ぎて・・・敗北。


これはちょっと・・・ひどすぎる試合だったんじゃまいか?(・ω・;)
こっちのが数も有利なんだぞ?


◆スコアから見る総括

今回いいとこなしのプロキですが反省はしっかりしていきましょう。

まずは敵軍破壊スコア。
復活前で破壊するのにKILLされた分と、中盤以降W10前でホイホイされた分ですね。
前者は攻撃担当と主力各々の足並みが全く揃っていなかったことが、
後者はNとE3からのカペに釣られすぎだったのが原因でしょう。
W10前で乱戦になっていたとき、Cは空っぽでした。
こちらから纏まって攻めるといった行動を取れなかったのもまずかったと思います。

つぎにガデ・FT破壊スコア。
ガデはいつも通り壊されすぎですね・・・
ガデバグの回避のためにも拠点占領は落ち着いて行いましょう。
レガシー欲しいから連打とかもってのほか!!
FTスコアは敵軍破壊スコアの負けっぷりからしてトントン~赤字でしょうか。

スコアから読み取れるのはこれくらいですね。



以降は今後のために気がついたことを何点か。

まずガデ破壊スコア。
知り合い同士注意しあって召還を止めていきましょう。
最近は接戦となることも多いので、1体のガデが致命的結果をもたらすことになりかねません。

次に拠点侵攻について。
AF→W10はあまり良い策とはいえません。
プロキ勢はなにかと中拠点に行きたがりますが、AFから攻めるならCに直接向かった方がよいかと。
もしどうしてもW10から攻めるというなら、そのままE2→Cと一気に落としきるつもりの戦力の用意と動きをしなければなりません。
これは全体が纏まって初めてできる行動なので逆に難しいことですね・・・


最後に役割分担について少し。
最近のプロキはいい感じに仕事を分担できていたと思います。
じつはこれは諸刃の剣でして・・・
一箇所が何らかの理由で機能しなくなると勝てなくなるっていう問題です。

我々防衛担当PTも他部署を信じて裏方に専念しています。
主力の的確な戦力配分と破壊担当の団体行動力あっての裏方仕事。
プロキの勝利のためにも、各自で行動を見直していきたいですね。



それでは今日はこの辺で。
明日以降はがんばって勝っていきましょう!!
(・∀・)ノシ

6月14日22時戦結果

ちゃくちゃくと防衛PT参加面子が増えていることに喜びを隠しえない!
まっつーです こんばんは(´・ω・`)


さっそく今日の報告にはいりましょう!

まずは結果から

6月14日22時戦スコア

6月14日22時戦MAP

ハンデなし・45人規模戦 敗北・・・
ペナなしで負けたのは久しぶりですね(´∀`;)

今回の防衛PT構成は WR×1 WIZ×1 FA×1 でした。
今日は参加面子がちょっと少なかった(´・ω・`)ザンネン

以下に時間ごとの動きを書いていきます。


◆初動

いつもどおり我々はCへ直行。
もちろんCを占拠すると同時に建設を開始しました。
こちらの本隊はW9でカペ本隊と激突。
その間に防衛PTでCの要塞化をすすめます。

一方、カペ別働隊がPHを強襲。
復活は破壊されたものの、思ったより混乱はおきずにしのぐことができたようです。
幸いC復活も早い段階で完成し、PH復活も問題なく再建出来ました。


◆中盤

AFとCに定期的に攻勢がかけられ、Cの復活も何度も折られそうになります。
結果としてCにプロキ主力がほぼ常駐することになり、敵軍破壊スコアはキッチリ稼げたようですね。
防衛PTはというと、Cが落ち着いている間はなるべく中拠点にFT建設をするように努めていました。
それ以外は復活の修理と張り付きPTの排除かな。

ちなみにAFはN12復活の影響で何度か所有国家が変動していたと思います。
今回の防衛PTは人数の関係上AFまで手が届きませんでした(´・ω・`)
というか他を見る余裕がほとんどなかったw


◆終盤

Cの復活が一度も折れることなく終盤を迎えます。
ここまでは固定スコアの影響で若干の余裕もありました・・・

しかしここでPHが陥落。
こっちはCの防衛でいっぱいいっぱいだったので状況がいまいちつかめない(´・ω・`)
このとき、どうせすぐ取り返せるとおもって高をくくっていたのが間違いでした。

その後カペはPHにワープを建設。
こちらはCにしか復活がないためPHを落としきれません。
ついにはAFまでカペの手に(・ω・;)


残り時間3分を切ってもPHが落ちない・・・
このあたりでようやく事態の深刻さに気がつき、C復活防衛戦力を拠点攻略にまわし始めましたが時既に遅し。
固定スコアにはそれなりに余裕があったというのに1000スコアという僅差で敗北となりました。



◆スコアからみる総括

正直、スコアを見ても全体の動きを見ても特に大きな問題点はありません。
FT効果を生かして敵軍破壊は1.5倍とれていますし、ガデとFTの被破壊スコアも良好です。

今回の敗戦原因を挙げるならば二つ。

・PHQの防衛体制と内部戦力の調整
・最終段階での決断の遅れ

C防衛をしながらMAPを見ていた限りはこんなところでしょう。

これは前述の内容とかぶりますが、残り5分の段階でC復活にこだわらずCからAFに圧力をかけるべきでした。
これは復活前にいたのに気がつかなかった自分の落ち度ともいえるかもしれません。

さらに最近のPH防衛状況も問題があります。
ここ数回の22時戦において、カペはある程度の戦力をPH攻撃に割くようになっています。
OF→C進行ルートメインから、N→AF&OF→PH型にシフトしつつあるのかもしれません。
Cを重視して戦力配置をしている以上、PH問題は頭痛のタネですね(´∀`;)

これについては慣れている人が的確なLチャ報告を行うのが一番なんですが・・・
AF復活なども視野に入れつつ検討していきたいです。



ということで今日はここまで。
また明日お会いしましょう(・∀・)ノシ

6月13日本戦結果

今週の本戦結果です。
プロキオンWIN!!これで5連勝なのかな?
1週間の快適なワープをご堪能くださいw


それではいつものようにスコアと最終MAPからどうぞ。

6月13日本戦スコア

6月13日本戦MAP

今回の防衛PT構成は WR×2 WIZ×2 FB×1 FS×1 でした。
スコアから判る通り、かなりの接戦ですね!
以下で流れを説明していきましょう(`・ω・´)


◆初動

防衛PTの今回の方針は「Cの迅速な要塞化」と「Nライン警戒によるAF防衛」。
初動はもちろんC直行で、落とすと同時に要塞化&復活建設を開始。
初期段階でのC前線拠点化に成功しました。

AFや中拠点も確保できたことでまずまずな滑り出しでしたね。
初期段階でPHQ内部に侵入を許し復活FTを破壊されたようですが、迅速な対応で事なきを得たようです。


◆中盤

占拠拠点がコロコロと変わる激しい中盤といった印象でしょうか。
復活を建設し拠点を維持しようとするプロキ、FTを確実に破壊して固定スコアを稼ぐカペラ。
防衛PTはC要塞化完了後は、AF-Nの哨戒・AF建設・Cの監視・中拠点建設と行動を切り替えます。

ここで今回最初の転換点。
C復活がカペラの猛攻で破壊、前線復活を失ったことでC自体も陥落。
このときのスコア状況が接戦だったことから、
方針をAFの防衛優先に切り替え N1復活破壊を狙います。

どうやらこのあたりでS6にこちらの復活が建ったらしく、OFが度々プロキ側で占領されていました。
代償としてS6復活破壊による固定スコア差が厳しいものに・・・


◆終盤

AFに復活を建設しCを奪還。
Cは前線PTに頑張ってもらい、我々のPTはAF防衛に専念しはじめます。
N1復活を破壊し、AF前でカペホイホイを行って固定スコアを稼ぐ感じですね。

しかし敵もさるもの。
中規模の集団がS→PHQ→AFと大きく回りこみ復活を強襲。
こちらは態勢が整っておらず復活が破壊されます。
N側ばかりを警戒していたことで完全に対応が遅れてしまいました・・・


のこり5分をきったところでお互いのスコア差は1000前後をフラフラ。
プロキもAFからマラソンを開始しつつCでカペのマラソンを迎え撃ちます。
最終的にはC組が見事にもちこたえつつ、AF組もNでの足止めに成功。

もし あと1秒あったらE3をとられて負けていたそうですw


◆スコアから見る総括

今回プロキが上回っているのは敵軍破壊と拠点占領スコアのみですね。
AFとCのFTエリアでホイホイして稼いだKILL分でしょうか。

FT破壊スコア差がひどいですが、これはOF建設妨害がしっかり出来ていたという面ともう一つ。
OFを度々占拠するほどの戦力がSライン方面に展開していた側面を持ちます。
OF維持はS6復活がない状態では厳しい、そして復活維持には大戦力が必要。
プロキの半数以上がS-OFに展開していた時間帯もあったはずです。

OFの復活妨害にこだわるあまりSに大戦力が常駐するのはプロキの悪い癖ですね(´∀`;)
特にSからAFへの応援は時間がかかります。
今後は、ある程度数が揃ったら他の応援に回るという個人判断が重要になってくるでしょう。


そしてガデ破壊スコア。
相変わらずモリモリ破壊されてますw
今日はNラインまでガデが出てるのを見つけました。
何度でも言いますが「ガデ召還が必要なタイミングは最終盤のみ」ですよ(・∀・)
(例外はありますが・・・)

応援がくれば持ちこたえれるからガデを召還した・・・というならば、
あとからやってくるその応援と一緒にもう一度拠点を落とせばよいだけですから。
ガデ破壊によるスコア差は二度と帰ってきません。御注意を。



・・・とまあ、悪かった点を挙げ続けるのもアレなので良かった点をいくばくか。

・中盤のLチャ報告
終盤がダメだったとはいいませんが、Lチャによる連絡網が完璧に機能していたのが中盤戦でした。
Cに居ながらにして全体像がつかめることに感動してたのは内緒w

・率先しての建設
防衛PT以外の面子の建設支援が多々ありました。
お陰でこちらは偵察に人員を割くことができ、ある程度安定した拠点維持ができたと思います。
AFは応援を呼んでから揃うまでに時間がかかる場所です。
早めの応援要請のためにも偵察はかかせません。



防衛PT主観の報告は以上になります!
プロキ・カペ両軍ともお疲れ様でした(`・ω・´)
OF方面戦力うんぬんは皆さんも一考してみてください。



◆おまけ

しゃきーん(`・ω・´)

期間限定でギルド名変えてみたw
ちょっとだけ凛々しいよ!(`・ω・´)キリッ

6月12日22時戦結果

勝ちパターンを作っていくのは難しいということを体感している今日この頃。
こんばんは(´・ω・`)

さっそく今日の22時戦についてレポしていきたいと思います。


まずはスコアと最終MAPから

6月12日22時スコア

6月12日22時MAP

ペナルティー5%、約50人規模の戦争となりました。
今日の防衛PT構成は WR×2 WIZ×3 計5名です。

ではいつも通り初動から追っていきましょう。


◆初動

主力隊と共に開幕はCへ。
対するカペは中規模PTだったので いつも通り処理した上で建設を開始。
主力はそのままW8方面へ、この間に別働隊はW10から進行していたようです。

しかしここで予想外の事態が!!
いきなりAFが押し負けるという最悪の展開・・・
どうやら今回のカペは、OFに回すはずの戦力のうち2PTをAFに送った模様。
お陰で初動スコアは目も当てられない結果になってしまったのでした(´・ω・`)


◆中盤

防衛PT+αでCを維持しながら要塞化を進行。
今にして思えばちょっと護衛が多すぎたかもしれない・・・
守る意識が高いのはありがたいけど、防衛PTだけで5人いたから他は前線応援でもよかったかな?

要塞化完了と同時に復活も完成。
ここまでは良かったと思うだけどなあ(´・ω・`)

まずAFにカペ戦力が派遣され、それに目を奪われた隙をつかれC復活がポッキリ。
更にC内部処理を終えてAF処理に向かったところでCにカペ主力が襲い掛かり陥落。
ここからはもうグダグダ・・・


◆終盤

N1・E3に復活が建設されAFの維持すら危うい状態が継続。
なんとか復活破壊をして立て直そうと図るも全て失敗に。

もうここまで来るとスコア差もひどくて諦めムード全開(´・ω・`)
そのままタイムアップで終了という、近日稀に見るひどい試合内容となりました。


◆スコアからみる総括

初動が予想外だったのは確かですが、敗因は他にもあるので見ていくとしましょう。

まずは敵軍破壊スコア。
普段スコア源となる部分にも関わらず負けています。
おそらく最大の要因は各個撃破にあるかと。
一部報告によると、今回のプロキは中拠点等に固執した結果、カペの大部隊とぶつかり壊滅していたようです。
さらに要所要所で見事にホイホイされているシーンもあったので要反省。

次にガデ破壊スコア。
これはちょっとひどすぎます。
Cで防衛しているときも、AFで防衛しているときも、ガデが毎回出ていました。
50分通して拠点を守ることなど不可能なのですから、拠点が落ちそうになったからといって即召還するのは止めていきたいものです。
何度かLチャで注意もしましたが効果薄だったのが残念でした・・・

特に今回のように初動が負けている場合、ガデ・FT・敵軍破壊で固定スコア差を埋めるしかないわけで。
そこを自ら失っていくのは自殺行為に他ならないでしょう。

残留FTスコアがそれなりにあるのはPHQの復活分ですね。



以上のことから今回の敗因分析をすると

・AF・OF周りの報告Lの少なさ
・不要なガデ召還
・主力進行方向および戦力配分ミス

この3つです。

序盤~中盤あたりのAF防衛状況の報告は極端に少なかったように思います。
全体的に対応が後手に回っていたのは確かですね。
それでも一時期に比べればかなり報告は増えているので、今回の敗因要素の中では影響小といったところかな?

ガデ召還に関しては先に述べたとおりです。
とくにガデがいる拠点は狙われ易いので、AFに出すのだけはホント勘弁してほしい(・ω・;)

そして今回最大の敗因は3つ目・・・
AF奪回後のプロキ主力の進行方向です。
復活に直行するというならまだ良いですが、N11-W10エリアでひたすら戦闘するか中拠点方向に向かうかという状態。
全体の進行方向も統一できず、AFとOFに戦力が2分され、E3とN1からカペ戦力は安定供給され続ける・・・
対してこちらはPHQ復活のみ。
更には一部で復活破壊をしようとしたところで各個撃破の憂き目にあうと。



今日の転換点だった中盤のC陥落の瞬間。
あそこはAF→Cと進行&前線戦力の安定化を図るべきだったと思っています。
序盤、C復活からのプロキリポが異様に少なかったことから考えて、Sラインでかなりのプロキが釣られていたのかもしれません。

報告おわり(^ω^ )



それでですね・・・

最近はFT建設者もじりじり増えてきているようですし、防衛PTも次のステップに進むときがきたようです。
すなわちAF・Cに別れてそれぞれの連絡役とNライン哨戒担当。
でも現状だと人数が足りないんですよね(´・ω・`)
つーことでFAでもBLでもかまいません。固定で組める人募集中!!
ちなみに前線にバンバン出たい人は向いてないですw
装備弱い・レベル低いけど戦争で役に立ちたいって人ほど歓迎します。

みんなでプロキを勝利に導いていきましょう(´∀`)



おまけ↓

1000人斬り称号

今日ようやくつきましたw
どんだけ戦闘してないんだ俺(^ω^ )

AF防衛理論的な

拠点ごとの建設FTの種類やらタイミング、はたまた防衛についてを考察していこうというコーナー。
シリーズ的に書いて行きたい内容です・・・主に量的な意味でw

普段裏方メインでやっている人間の主観的内容になるので、みなさん各種突っ込みはあると思います。
その際は是非コメントに一言お願いします!!



記念すべき第一回は・・・
プロキの要の大拠点AFについて書いていこうと思います。

大前提として下の図を見ていただきたい。

FT効果範囲全体図

これはWIKIにあった画像の転載なんですが、各FTの効果範囲がひと目でわかります。
これを念頭において読んでいってください。


図1
AFまわりFT位置図

さて、AFでFTを建てることができるのは図1にある8箇所です。
まずはどこに何の種類のFTを建てれば良いかという話。

FTの種類って結構いろいろありますよね?
でも実際に使うのって大抵の場合4種類しかないんですよ。

攻撃力ダウン・攻撃力UP・復活・ワープ

まあほぼ例外はないっす(´・ω・`)
同じ種類の効果は重複しないので、隣り合うFTの種類は違うものにしましょう。
たとえばBに攻撃ダウンを建てたら、AとCは攻撃UPを建てるべきですね。


なぜ攻撃系統だけで防御系統その他はダメなのか?
それはひとえに効果の大きさです。
攻撃系の効果のほうが防御系の2倍以上数値が変わるんですよ。

攻撃ダウン大→攻撃100ダウン  防御ダウン大→防御40ダウン
攻撃UP大→攻撃100UP    防御UP大→防御40UP

↑実際に並べて書いてみると一目瞭然ですね(・∀・)

よって建設の基本は 攻撃UPと攻撃ダウンを交互に建てていくこととなります。


どの種類を建てるかが解ったところで次は場所です。
図2を見ていただきたい。

図2
AFカペ進入経路

PHが落ちたあとでもない限りは カペの進行ルートはN側入り口かC側入り口ですね。
復活を建てるとしたらこの時点でPH側、図1のE・Fの位置になるのがわかると思います。
H・Gの位置はPHからの増援が直にいけないので避けたほうが無難でしょう。

しかし順番として復活を建てるのは要塞化を終えてからがセオリーとなるので後回しにします。

AFを落としてまず行うことは攻撃ダウンFTの建設です。
初動かCをとれているのであればA・Bのどちらかに1個、CがカペのものであるならC・Dのどちらかに1個建てましょう。
2人いるならば同時に建ててもかまいません。
できればWIZとFBの護衛があると理想的です。

攻撃ダウンを建て終わったら 隣に攻撃UPも建てて埋めていきます。


カペ進行予定側に攻撃ダウン&UPが建ったら復活建設を考えてみましょう。
実はAFに復活が必要な状況はあまり多くないのです。
具体的には

OFに復活が建っていてCを占拠できている状態、かつCに復活が建っていないこと。

一度に2箇所の復活は守れません。そこだけは忘れないようにしたいですね。


ここでもう一度図2を見てください。
もしカペがCを落としてAFに進行してくるとして、PHQ側にある復活をおるとしたら図のような移動になりますよね?
つまり復活到達前の迎撃ポイントとFT効果範囲を考えると、Eに攻撃ダウン・Fに復活のほうが効率が良いですね。
このことを念頭におくと A・C・Eに攻撃ダウン、B・Dに攻撃UPを建てた方が良いでしょう。
重ねていいますが、攻撃ダウン建設が終わってから復活建設です。間違えないように。


AF周りにグルッとFTが建ったら要塞化の完成です。
そしてここからは要塞化を生かした防御方法を学んでいきましょう。

図3
FT効果による戦闘場所

図3は要塞化拠点における推奨戦闘エリア図です。
黄色のA~C枠の中が攻撃UP・ダウン双方の恩恵を得られるエリアですね。
このエリア内は廃人が一般人火力に、一般人が廃人火力になるという恐るべきエリア(・ω・;)
(ただしC枠だけは復活ありのとき攻撃ダウンのみ)

ついでですが紫枠DのエリアはN11固定FTのエリアです。
N側からの進行を防ぐには、前のめり過ぎてもDエリアから出ないようにするのがよいでしょう。

AF防衛の際には図3のA・Bエリア内で出来るだけ多くのカペを足止めするのが大事です。
特にFBの人は確実にそのエリアで敵の足を止めましょう。


そしてここが一番大事なのですが・・・
少ない味方しかいないAFに敵が来たとき、あるいはもっと早くCやNからカペが向かっているのが解ったとき。
死んでもいいです。即座にカペの人数をLで報告しましょう。
味方の状況もついでにLできるとさらにGOODです!

特に復活FTがあるときは防衛側は倍の戦力が必要になります。
事前に一言Lで報告があるだけで防衛は格段に楽になることを忘れないでください。
具体例としては

・E2→W10へ向かうPTがいる
・N12あたりを進軍中のPTがいる
・OFからの攻撃でCが落ちそう(というか落ちるのが確定してる状況)

こんなときはAF警戒を呼びかけるといいと思います。
この辺が完璧だとAFを空にしていても割と安心だったり・・・

もし復活があるのならば、常時1~3人はNラインと復活周りの警戒についているのがベターかもしれません。
もちろん復活の修理は率先して!
ガデは残り10分きるまでは出さない!



主観的かつ基礎的な内容ですがAF防衛に関しては以上になります。
敵味方の人数は状況次第で対応は変わってくるとは思いますが・・・

皆さんの戦争ライフの参考になりますように(`・ω・´)
そのうちC防衛についても書くと思います。



ここまで書くのに1時間・・・・
超・・・・疲れた・・・・

突っ込みお待ちしてますw

6月11日22時戦結果

今回は22時戦結果報告と一緒にAF建設の個人的理論を書こうと思います(´・ω・`)


まずは今日の結果から!

6月11日22時スコア

6月11日22時MAP

ペナルティーはなし。
約8000スコア差でプロキの勝利!
今日もがんばった(・∀・)

それでは防衛PTの動きと一緒に流れを追って行きましょう(^ω^ )


◆初動

スタート時点での防衛PT人数が3名のみだったのでCへ。
こちらの本隊はそのままCをスルーしてW9・W8方面に向かったようです。
そのお陰か、Cに来るカペは非常に少ないものでした。

周りが戦闘をしてる間にPTメンバーと建設を開始。
C内部の駆除が完了すると同時にOF側・AF側のデバフFTも建設開始。
即座に復活も完成させます。


◆中盤

S6にこちらの復活が建ったようで、カペの本隊はそちらの対応に追われていたようです。
FT被破壊スコアから考えてトータル3回折られた計算になるのかな?

この間、C方面にやってくるカペは多いときでも10人程度。
合間に中拠点にFT建設をして いつカペが来ても迎え撃てる準備を行います。
何度かAFが落とされることもありましたが、事前に報告Lが的確に行われたお陰で即奪還できていました。

この段階でCHQ以外のほぼ全拠点をプロキが占拠。
一時はOFに復活建設を試みるほどの勢いだったと思います。


◆終盤

防衛PT4名(途中で一人増えた)は哨戒行動と各中拠点のFT建設。
MAP各所に散って カペの移動人数を早め早めにLで報告していきます。

残り5分段階でカペが最後のマラソンを開始。
AF→C・OF→C・OF→W8の3グループを迎え撃ちます。
実はこのときAFからCへ向かっているPTがあるという報告は上がっていたのですが・・・


W8に2PT以上の戦力を見つけて応援を呼ぶ
         ↓
ヒャッハーしてて応援〆るの完全に忘れる
         ↓
プロキの本隊がW8に集結、Cが空になる
         ↓
OFとAFからきた20名ほどにCの復活折られてついでに拠点も落とされる


幸いにもスコア差が大量にあったことと、
主力の力で即座にCを奪回できたことで事なきを得ました(´ω`;)

このミスでの損失は地味にでかくてですね。

復活FT破壊スコア + 残留FTスコア(復活1・デバフ7)

っていう結構馬鹿にならない量だったんです。
コレ、接戦だったら大変なことになってましたw
反省、反省・・・と(´・ω・`)


◆スコアから見る総括

敵軍破壊とガデ破壊スコアはいつもどおりですね。
ともにプロキ側のほうが良スコアな結果となっています。
もっとガデ召還をなくすように徹底できれば試合を有利に運べると思うんですが・・・難しいですw
この辺はLチャで毎回注意していくしかないですね(´∀`;)

FT破壊スコアは少なめですが、これはむしろOFに復活を建てさせなかったという意味で良い数字だと思います。
被破壊数はラストのCで1回とS6での3回分かな?

残念なのが残留FTスコア。
AFが最後に落とされた分は仕方ないとして、最後のCの分はもったいなかった・・・
中拠点もほとんど建て直せてなかったからションボリ(´・ω・`)スコアになってしまいました。



トータル的に今回の勝因を分析すると、

・序盤のカペからのC建設妨害が少なかった
・カペ主力のAForOFというゆさぶりが少なかった
・全体の報告Lチャが非常に多く、早期の防衛対応ができた

この3点だと思います。

1つ目と2つ目は外的要因ですが、3つ目の報告数はプロキ自身の力ですね(`・ω・´)
防衛PTでの哨戒活動の成果と言えますし、他の方々の報告意識の高さが反映された結果とも言えるでしょう。
早めの報告のお陰で揺さぶりの影響が少なかったとも考えられるわけで・・・

毎日コレくらいやってくれればいいんだけどナー(´∀`;)


・・・っと 今日の報告はこんな感じです(・∀・)
両軍ともにお疲れ様でした。

相変わらず長くなってしまったのでAF建設論は別枠で書くとしますw


それでは(・∀・)ノシ

ブログつくってみた(`・ω・´)

フレも増えてきてミクシーだけだと不便だなーってことでブログつくってみた(・∀・)
ミクシーから飛んできた人のために一応言っておきますが、完全にCABAL日記なんでヨロシク。

国家戦うんぬんとか製造とか中心で書いていく予定。

ぬるぬる更新していきたいと思っているので どうぞよろしく(`・ω・´)



ってことでさっそく第一回から6月10日22時戦の模様を書いていきたいと思います。



まずはこちら、結果スコアの方から。

6月10日22時スコア

トータル3000差ですね。
ガデ破壊こそ勝っているものの FT破壊も敵軍破壊も負けています。
ハンデ5%とはいえ、最近のプロキにしては珍しい負け方となりました。


最終MAPはこちら。

6月10日22時MAP

ではおなじみの敗因分析(自己流)を全体の流れと一緒に書いていきましょうか。


◆初動

固定PT面子がいなかったので、ちょっと前まで固定で組んでいた一般兵さん達のPTと行動。
今回は W10→E2→E3 と移動してみました。
プロキ本隊はC直コースだったようです。

対してカペはPHQを強襲。
復活&ワープが破壊され、中立拠点もそれほど落とせずという最悪の滑り出しとなってしまいました(・ω・;)


◆中盤

PHQ強襲の影響で戦力が足りないままC要塞化をすることに。
定期的にFSが妨害に来るため復活を建てることもできず、カペお得意の戦力一極集中戦法の前にあえなく陥落。
なんかずっと応援要請Lチャしてた気がする・・・

C陥落後は 攻撃部隊がOF復活破壊へ・防衛部隊がAFの要塞化 と戦力を振り分ける感じに。
オイラはというと OF-C側にカペ主力の目が向いている間に、ようやくAF復活を建てることに成功。
Nに牽制をかけつつC奪回に向かうという構図が完成し、なんとか勝ち筋が見えてきたわけです。


そしてここが今回の最大の負け要因なんですが・・・

CとOFに戦力を全部持っていかれてAFが空になった瞬間。
10人ほどのカペに襲われ 復活がポッキリいってしまわれましたorz
あんなに苦労して建てたのに・・・(´;ω;`)


◆終盤

AF復活破壊の影響でCが陥落。
とはいえスコア差は±1000を行ったりきたり状態(ちょっとカペのが有利な感じだったかな?

個人的にはCに向かいたかったんですが、ここでAFがおちると完全に詰むのでNライン哨戒とAF防衛に専念。
なんとか中規模PTでAF防衛をしつつ、本隊のC攻略に望みをかけます。


最終的にはわずかにスコアが届かず敗北という結果になってしまいましたが・・・


C-AF視点での流れ的にはこんな感じ。
こっからは、いつもの敗因分析コーナーです(´・ω・`)


敗因1・・・防衛意識の欠如

防衛にまわる人間が極端に少ないんですよねー 特にFB。
FBみんな前線に行っちゃうんだもの(´・ω・`)
建設護衛に1人2人FBがいるだけで大分違うんだがの~

まあ今回に関しては、ウチの防衛PTの固定面子がいなかったってのもあるけど。

なにより今回は報告Lチャが少なかった!
大PTが移動してるなら、事前に人数やら報告してくれれば対処だってできるのに!
何のためにSやらNやら殴ってんだアンタらと小一時間(ry


敗因2・・・建設担当者の存在

武神・守護者が中心に建設してるってどうなのよ。
前線に出て戦ってもらいたいけど、他にやる人がいないから一緒にやって貰わざるをえない。
これも今回に関しては防衛PT面子が(ry


敗因3・・・カペのFS集団行動

カペのFS部隊うぜーっすw
間断なく復活建設の妨害にきやがります。
復活予定地に常にAODがいる素敵クオリティーw
Cで建設してるときに来るのはむしろ嬉しいくらいなんですが、AFで建設してるときにこられるとですね・・・

ビキビキ(^ω^#)って感じw

PH強襲するために回り込んで移動してきてみたりとか、要塞化拠点おとすときはかならず大軍で同時にくるとか、とにかく纏まって動くのが上手い。



まー この3つ以外にも、
固定FT圏内から離れて戦闘してるから要塞化の恩恵がねーぞとか
ガーディアン出さないでって何回言っても無駄だったりとか
ガデも出てない中拠点殴りたがるとか 突込みどころはいっぱいあるんですけどね(´∀`;)

今回は素直にカペの動きに賞賛を送りたいです(・∀・)
上手かったッス!


以上!!



第一回から結構な長文になってしまいました(´∀`;)
かなーり主観的な内容なので突っ込み大歓迎です。

それと画像で名前でるの嫌っていわれたら加工するようにしますが、それまでは未加工でいくつもりです。
その辺もなんかあったら遠慮なく言ってください。

それでわでわ(`・ω・´)
プロフィール

アストラルぽしょーん

Author:アストラルぽしょーん



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。